[鍋Q・陸]お庭で鍋、つつこ。~秋の味覚を楽しむ~


こんにちは。大崎です。

2019年も師走に入ってしまいました。1年が経つのはあっという間ですね。

しかしこれからが鍋の季節。一つ前の記事で馮が今年の鍋のトレンドについて書いていました。毎年毎年「今年は○○鍋!」などとテレビ番組で扱われているのを見ると、なんだかんだで鍋というのは日本の文化に根付いている料理なんだなあと改めて思います。

さてそんな前回の記事では「令和初のトレンド鍋」の話題でしたが、今回は「令和初の鍋Q」です。

鍋Qとは、われわれ鍋、つつこ。が発案した?、鍋をメインにしたバーベキューのこと。今回は、メンバーで集まって、、、というわけでないのですが、自宅でやった鍋Qの様子をお届けします。

なお、過去の鍋Qの様子は、以下でご覧いただけます。

まずは食材探し。この季節の買い出しは楽しい。

まずは買い出しです。

この季節に美味しいのは、やはり白菜・きのこ。近場に農協の直売所があるので、車で買い出しに出かけます。

白菜が店頭に並ぶと、冬って感じがしますね。
白菜が店頭に並ぶと、冬って感じがしますね。
ほどよく太った大根も。
里芋が安い!

お腹が空いているときに買い出しに行くと、色々買ってしまったりしませんか?
ちなみにこのあと、脂ののったサンマやお肉なども買ってしまいました。

買い出しを終えて、いざ鍋Q。

さて、買い出しを終えたので、材料を拡げて作り始めます。

どーん、と並べてみた。もうこれだけでわくわく。
今回主役のきのこたち。このなめこ、1パックおよそ40円だった。

ひととおり並べて準備できたところで、鉄鍋に材料を投げ込んでいきます。

まずは。白菜。これを一番下に敷くことで、甘味が鍋全体に回ります。
続いて火の通りに時間がかかる根菜類を。
最後にどーんと山盛りきのこ。
盛り付け終わったら、火にかけます。

材料が鍋から溢れてますが、気にしない。
これにちょっとのお水を足して火にかけると、底に敷いた白菜から水が出て、良い感じの出汁に変わっていきます。

ぐつぐつ。ぐつぐつ。

そんな感じで火にかけていくと、、、

最初はまったく閉まらなかったフタも。。。
少しずつ閉まるようになってきて、、、
最後にはきっちりフタが閉まるように。
良きタイミングで合わせ味噌を投入し、、、
これまたこの季節に美味しい里芋を投入。
しばしフタをして待ちます。

ここまでやると、あとは待つだけ。待っている間には別の楽しみを。

手頃な大きさのサツマイモを焼き芋にすべく投入。
あまったキノコは焼きキノコに。
日本酒をちびちびとやりながらつまむと最高!

そうこうしている間に煮えてきます。

何回かかき混ぜて、できあがり!
おわんによそっていただきまーす。

鍋のジャンルとしては、キノコ鍋でもなく、芋煮でもなく、、、強いてあげれば豚汁? 海産物が入っていない、山の寄せ鍋といったところでしょうか。

なんにしても、大鍋で煮込んだ鍋はやさしい味で、寒空でつつくには最高です。材料を入れて待つだけという手軽さも、鍋Qのいいところ。待ちながらヴィンランドサガの最新刊などを読んでしまいました。

ついでに焼いた、いろいろ。

焼きのないバーベキューが鍋Qの特徴でもありますが、とはいえせっかくなので何か焼きたいところ。ということでいくつかの食材を網にポイッと。

これまたこの季節美味しいサンマ。頭とワタはスーパーで取ってもらった。
ホッキ貝も。
最近安く売っているモモブロックをドカンと。
じゅうじゅう焼いて、、、
こちらは赤ワインと合わせて。
大根おろしにステーキしょう油も美味しかった!
忘れていません。やきいもも。ほくほくトロトロで美味しい

安く手軽にできる鍋Qはおすすめ!

新価格の優良児のきのこをはじめ、旬の野菜は値段的にもお得。調理も簡単なので、ぜひ試してもらいたいバーベキューのスタイルです。生姜をたっぷり入れると、体が芯から温まりますよ!

ということで、令和初の鍋Qの様子をお届けしました。

 

この記事は、令和初の鍋 Advent Calendar(ナベント)2019、2日目の記事です。

鍋 Advent Calendar 2019
https://adventar.org/calendars/4237

(文責・大崎)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください