[コソ鍋・佰伍拾]昼からがっつり鍋!味の変化が楽しめた、もつめんちゃんこ定食


昼活もがんばってます

すっかり秋めいてきて、朝晩は肌寒い日が増えてきましたね。寒ければ寒いほど鍋にぴったりの季節。

鍋、つつこ。では、メンバー大崎が朝も夕方もしっかり鍋をつついています。

僕も負けじと、昼活ならぬ、昼鍋に勤しむ毎日。

10月に入って3回目の鍋ランチの模様をお届けします。

朝晩は涼しい分、日中はとても気持ちの良い天気。この日はオフィスがある市ヶ谷から四ツ谷方面までブラブラしながらランチタイム。おじゃましたのがこちら。

四ツ谷三栄通り沿いにあるお店。静かな場所にあります。

四ツ谷三栄通り沿いにあるお店。静かな場所にあります。

四ツ谷三栄通り沿いにある「金太郎 四ツ谷店」さんです。

鍋の定食、いろいろあるんです

入店してメニューを拝見。ここはもつ鍋とかしら焼きが有名なお店。さらに、以前フジテレビの番組『めちゃ×2イケてるッ!』の企画ガリザップにも登場した有名店。

ランチなのでもつ鍋はないかなとおもいきや……

ランチメニュー。 どれも美味しそうだけど、やっぱり一番上に目が惹かれます。

ランチメニュー。
どれも美味しそうだけど、やっぱり一番上に目が惹かれます。

一番上にそれらしきメニューを発見。その名も「もつめんちゃんこ定食」。今回はこちらをオーダーしました(牛鍋(すき焼き)定食や常夜鍋玉子とじ定食も気にはなったんですけどね!)。

昼からもつ鍋、ちゃんこ鍋!

オーダして、煮込みを待つこと10分ほど。お盆に乗ったもつめんちゃんこ定食が登場しました。

もつめんちゃんこ定食。 とにかくボリュームがすごい!

もつめんちゃんこ定食。
とにかくボリュームがすごい!

すごい!鍋にご飯にサラダに。ボリューム満点。

アルマイトの鍋に入った一人前のもつ鍋。ちゃんこ仕様。

アルマイトの鍋に入った一人前のもつ鍋。ちゃんこ仕様。

鍋はこのようにアルマイト製で一人前仕様。すでに煮上がっています。それではさっそく。

プルプルのもつがたっぷり。昼からテンション上がる!

プルプルのもつがたっぷり。昼からテンション上がる!

プルプルのもつがたっぷり!昼からのもつ鍋、テンションが上がります!

さらに!

さらに奥にはちゃんぽん麺が!

さらに奥にはちゃんぽん麺が!

出汁スープの中にはすでに煮込まれたちゃんぽん麺まで。野菜もあるし、栄養もボリュームも満点!先日の鶏塩ちゃんこ定食もそうでしたが、「ちゃんこ鍋」って本当にボリュームたっぷりですね~

このもつめんちゃんこ定食、食べ方があるんです

もつめんちゃんこ定食。バクバク食べられるんですが、お店指定の食べ方があります。まずはこちらをご覧ください。

もつめんちゃんこ定食。 食べ方が重要です。

もつめんちゃんこ定食。
食べ方が重要です。

はい、そうなんです。鍋を食べた後に、残ったスープにTKG――卵かけご飯――を投入して、二回〆られるというすぐれもの。

まずは最初の鍋を完食しました。

まずは鍋を完食。

まずは鍋を完食。

美味かった~

TKG×鍋のコラボ

ここでお腹いっぱい!となってはいけないんです(実際、結構満腹感はありましたがw)。

指示通り、TKGの準備に入ります。まずは生卵を割って溶いて。

まだ終わりません。まずは指示通りにTKG(卵かけご飯)の準備。

まだ終わりません。まずは指示通りにTKG(卵かけご飯)の準備。

ご飯にかけて。ここに醤油を垂らして食べちゃいのをガマンガマン。

TKG! このまま醤油をかけて食べたい!のをガマン。

TKG!
このまま醤油をかけて食べたい!のをガマン。

まずは半分ほど、鍋に投入。

出汁スープの残った鍋に投入。ほんのり温かいので、卵に少し火が通るのが良い感じ。

出汁スープの残った鍋に投入。ほんのり温かいので、卵に少し火が通るのが良い感じ。

混ぜ混ぜしていただきます!スープがほんのり温かいので、卵に火が通っていい感じ。さらにもつ鍋の出汁スープとの相性も抜群!

混ぜ混ぜ。まずはこのまま。 出汁スープと卵の絡み具合が最高!

混ぜ混ぜ。まずはこのまま。
出汁スープと卵の絡み具合が最高!

このまま全部食べたいのですが、さらに指示を確認。半分食べたら次はこれ。

唐みそ。これが最後の味の決め手。

唐みそ。これが最後の味の決め手。

金太郎さんオリジナルの「唐みそ」。コチュジャンほど辛くなく、甘辛でコクがある味噌です。

唐みそ投入!

唐みそ投入!

投入して、さらに混ぜて、本当の〆の雑炊の完成!

辛味と塩味が追加されて、また味の変化が楽しい!美味しい!

辛味と塩味が追加されて、また味の変化が楽しい!美味しい!

いやー、どの味も美味かった!

掛け合わせ、垂直につづいて、味の加算

鍋ランチ三部作では、さまざまな味の設計を楽しみました。まずは牛タンしゃぶしゃぶで味の掛け合わせを、そして、鶏塩ちゃんこ鍋、キムチ乗せでは味の垂直性を、そして今回のもつめんちゃんこ鍋では、味の追加、味の加算を堪能したわけです。

これらはすべて、鍋が持っているポテンシャル、多様性があるからこそ。前回紹介したタイ×日本のコラボ鍋のように、出汁だけの組み合わせで味の変化を楽しむこともできます。いやー、鍋の世界は本当に奥深い。

そして、今回の鍋、とにかく量が多かったw

昼でもがっつり、いろんな味の、鍋、つつこ。

(文責・馮)

今回つついた鍋

種類: もつめんちゃんこ定食
店名: 金太郎 四ツ谷店(東京・四ツ谷)
URL: http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13158416/

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です