[瓦版・陸拾捌]テレビ取材・撮影に鍋、つつこ。が協力しました。


こんにちは。あっという間に2020年も残り1ヶ月となりました。

今年はコロナ禍で日本のみならず世界が大きな影響を受けました。ワクチン開発などで明るい兆しが見えつつも、まだこの先不透明なことが多く心配は尽きない状況です。

そしていわゆる「3密回避」「stayhome」の影響を受け、鍋業界もそのスタイルから大きな打撃を受けた年でもありました。鍋、つつこ。も必然、活動の機会が激減してしまいました。

鍋、つつこ。に新たな展開が!

そんな中、鍋、つつこ。に新たな展開が。

MBS、TBS系列の人気番組、教えてもらう前と後(毎週火曜日20:00〜20:54放送)の鍋の素特集『【100人鍋好きが選ぶ『鍋の素』全900種類の絶品BEST3】[2020年11月24日放送]』に鍋、つつこ。メンバーが取材・撮影協力させていただきました。

取材時の様子。ちなみにこの場面は放映されていません(笑)

現在およそ800種類ほどあると言われる鍋用調味料の中で、鍋好きが推す「この冬絶対に食べたい鍋の素BEST3&別格鍋の素3選」がこの日の番組の企画。

ちなみにそのBEST3とは、上から順にこんな感じ。

  1. 〆まで美味しい ごま豆乳鍋つゆ(ミツカン)
  2. プチッと鍋 寄せ鍋(エバラ)
  3. 赤から鍋スープ三番(イチビキ)

今回我々は、800超のなかの栄えある3位「赤から鍋」のおススメの食べ方を紹介する、という形で出演させていただきました。

BEST3にランクインの赤から鍋。おススメの食べ方は「逆すきやき」

ちなみにそのおススメの食べ方とは、「逆すきやき」。

すき焼きは煮えた肉をとき卵に絡めて食べますが、これはその逆。

生の状態の肉をとき卵に絡め、それを鍋に投入して火を通してから食べるスタイルです。

こうすることによって、赤から鍋の「旨さ」「辛さ」に「まろやかさ」が加わって美味しく食べられます。番組内では、製品開発スタッフさんからも「美味しい~~」の言葉をいただきました!

ちなみにこの食べかた、過去にこちらの記事で紹介しています。

とき卵にからめたお肉を鍋に投入するのがポイント。が、ちゃんと火を通してくださいね!

ほかにも、鍋好きな方たちがたくさん出演し、それぞれの鍋の楽しみ方を紹介していました。やはり日本人、みんな鍋が好きですね!

今年もやります。「鍋 Advent Calendar 2020」

さて、そんな鍋好きの皆さんにおススメしたい企画が今年で6回目となりますこちらの企画。

鍋 Advent Calendar 2020
https://adventar.org/calendars/5286(お申し込みはこちらから)

このアドベントカレンダーでは12月1日~25日までの25日間、毎日1つずつ、鍋にまつわるブログやSNS投稿をまとめて、その1年の鍋の様子をまとめる企画です。

過去5回は25日すべて埋まった状態でカレンダーが完成。今年もぜひ奮ってご参加ください!


この記事は、「鍋 Advent Calendar 2020」1日目の記事です。

(文責・大崎)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください