[コソ鍋・弐佰伍拾捌]「そだねー」。平成最後の新語・流行語大賞は北の国から。そして、北にちなんだ花咲カニとカキのカニ味噌鍋をつついたよ


平成最後の新語・流行語大賞は「そだねー」

今年もまた、ユーキャン新語・流行語大賞が発表されました。

2018年、そして、平成最後の新語・流行語大賞は……

そだねー」。

そう、平昌冬季オリンピックで日本中を湧かせてくれた、カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」が試合中に発声し、テレビ越しに耳にしたあの言葉でした。こちらは、北海道の方たちが日常的に使っている方言だとか。あのほんわかした雰囲気がすごく良かったですね。


ユーキャン新語・流行語大賞公式サイト


LocoSolare/LS北見公式サイト

ということで、2017年に引き続き、2018年、そして、平成最後の新語・流行語大賞をモチーフに鍋をつついたので、その模様をお届けします。

この記事は鍋 Advent Calendar 2018、4日目のエントリになります。

北海道には魅力的な鍋がたくさん

さて、北海道といえば、海の幸、山の幸がたくさんあります。そして、もちろんいろいろな鍋も 🙂

僕たち鍋、つつこ。でも、2014年にスタート以来、3回ほど北海道に訪れ、現地の鍋をつついてきました。

[コソ鍋・弐佰捌]鍋、つつこ。が北の大地に上陸――函館の人気店羊羊亭でジンギスカンを堪能

[コソ鍋・弐佰拾陸]ラビスタ函館ベイで食べられる日本一の朝食。はたして鍋はつつけるのか?

[コソ鍋・弐佰四拾四]試される大地に聳え立つニラタワー――北海道・札幌の絶品もつ鍋、そしてジンギスカン

今回、北海道にちなんだ言葉が選ばれたので、さっそく北海道へ……と簡単にはいけないのでw、北海道にちなんだ鍋を、東京・蒲田でつつきました。

今回訪れたのは、東京・蒲田駅徒歩3分のところにある「北海道酒場 魚蔵 ねむろ 蒲田駅前店」さんです。

「この鍋、つつく?」「そだねー」と会話したくなる、絶品鍋に出会った

こちらのお店は、その名のとおり、北海道にちなんだ食材・料理、そして、お酒を楽しめる、少しオトナな雰囲気の居酒屋。そんな中、壁にある鍋メニューでこちらを発見。

花咲カニとカキのカニ味噌鍋」。

「この鍋、つつく?」
「そだねー」

と思わず、すぐに相槌を打ってしまいたくなる、魅力的なメニュー。もちろんこちらを選びました(ほかの鍋も気になりましたが :-))

じゃーん。こちらが、その鍋。

真ん中には存在感のある花咲カニ。

美味そう!

そして、かにの甲羅を鍋から取って。いい感じの煮込み具合。

花咲カニの、甲羅・身・カニ味噌、すべてから滲み出る濃厚な出汁、そして、味噌、そこにカキやたっぷりの野菜が煮込まれて、まさに絶品。これは本当に美味かった!またぜひつつきたい。

ということで、「そだねー」の大賞受賞記念を(勝手に)しながら、美味しい、北海道にちなんだ鍋をつつきました。

ところで花咲カニって?

ところで、花咲カニってどんなカニ?と思って調べたら、名前の由来には実は諸説あるようで。

1つは、今回の北海道にちなんだということにもつながる、北海道・花咲港でよく獲れることから付けられたというもの。もう1つは、煮込んだときの様子が花が咲いたような姿をするところからというもの。

今回は前者の理由を採用します!w

さらに、話を戻して。「そだねー」のカーリングチームの皆さんのホームグラウンド、北海道北見市と、この花咲港ってどういう位置関係かなと思い、Googleマップでチェック。

約190kmも離れているんだとか。北海道はでっかいどー!(ちなみに東京から静岡市までがだいたい180kmなのでそのぐらいの距離感です。1つの都道府県内でもこれだけ離れているのは、さすが北の大地)。

以上、2018年(平成最後の)ユーキャン新語・流行語大賞を受賞した「そだねー」から、北海道にちなんだ鍋をお届けしました。

次回も、「美味しいねー」「そだねー」と語らいながら、和気あいあいと、鍋、つつこ。

(文責・馮)

 

この記事は「鍋 Advent Calendar 2018」4日目の記事です。

鍋 Advent Calendar 2018
https://adventar.org/calendars/3487

 

今回つついた鍋

種類: 花咲カニとカキのカニ味噌鍋
店名: 北海道酒場 魚蔵 ねむろ 蒲田駅前店(東京・蒲田)
URL: https://r.gnavi.co.jp/m271z1cb0000/

You may also like...