[コソ鍋・弐佰参拾]中国東北地方のお鍋をつつける、味坊鉄鍋荘に行ってきました。


こんにちは。竜です。

最近の僕は今更ながら「24-TWENTY FOUR」にはまっています。
「24」で切っても切り離せないのがアメリカ大統領の存在。最近のアメリカ大統領選をきっかけに見始めました。とはいってもレンタル開始時にシーズン7の途中までは見たので、今回は2周目なんですけどね。

とにかく忙しいジャックバウアー。さっさと危機を脱してゆっくりお鍋をつつけばいいのに。ジャックが鍋をつつくかどうかは知りませんが...

そんなある日、鍋、つつこ。メンバーの馮からお誘いがありました。
あいにくノゾミはお仕事の都合で欠席となってしまいましたが、僕、馮、大崎の3人でつついてきたのでその様子をご紹介します。

以前、馮が紹介したこのお店。「味坊鉄鍋荘」
[コソ鍋・弐佰弐拾]日本も中国も東北地方には鍋が似合う?青森がつないだ輪とともに、味坊鉄鍋荘で红焖羊肉と酸菜白肉を囲んでつつく

それではスタート。

 

圧巻の前菜

何と言ってもびっくりするのが前菜の量。
次から次へと運ばれてきます。

ちょっとたべちゃいましたがこの量。全8品

ちょっとたべちゃいましたがこの量。全7品

一つづつご紹介します。

ラムと鹿の燻製

ラムと鹿の燻製

豚足の煮凝り

豚足の煮凝り

ピータンと自家製卵の何か

ピータンと自家製卵の何か

砂肝・きゅうりの何か

砂肝・きゅうりの何か

きゅうり、パクチー、ネギの何か

きゅうり、パクチー、ネギの何か

きくらげ・トマト・きゅうりの何か

きくらげ・トマト・きゅうりの何か

よだれ鶏の何か

よだれ鶏の何か

もはや2つ目以降は何なのかよくわからずですが、とにかくおいしいw

そんな中、メンバーのノゾミから悲しい投稿がw

わたしが理不尽な残業やってられるかモルスァァァァ!!!みたいになると酒が出てくる慣習

わたしが理不尽な残業やってられるかモルスァァァァ!!!みたいになると酒が出てくる慣習

ゾノミ、お仕事大変そうだな。我々はおいしいを満喫していますがw

 

いよいよお鍋の登場です。

まずはコレ!

まずはコレ!

どーん!

どーん!

こんな感じで作ってくれます。動画でどうぞ。

ここからさらに煮込みます。

ここからさらに煮込みます。

汁気が飛んだら完成です!

汁気が飛んだら完成です!

いいただきます!

いいただきます!

お鍋その2。 この時点で酔いが回って名前を忘れてしまいました。

お鍋その2。
この時点で酔いが回って名前を忘れてしまいました。
馮追記:酸菜鱼という白身魚と発酵高菜の煮込みです。

こちらもいただきます!

こちらもいただきます!

餃子も追加して

餃子も追加して

いただきます!

いただきます!

021

ふぅ。満足。

 

お鍋を囲んで良い顔しよう。

良い顔その1

良い顔その1

良い顔その2

良い顔その2

良い顔その3

良い顔その3

...。
得に良い顔でもないけど、まぁ、よしとしましょう。

 
毎回そうなのですが、酔っ払うと楽しくなっちゃって、食べたものは覚えていても、料理名を忘れてしまいます。(反省)
次回からは忘れる前にメモして、皆様にしっかりお伝えしたいと思います。(がんばる)

味も名前も忘れずに、鍋、つつこ。

(文責・竜)

今回つついた鍋

種類: 排骨炖扁豆、酸菜鱼
店名: 味坊鉄鍋荘(東京・湯島)
URL: http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13189676/

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です