[コソ鍋・佰参拾伍]冬の代名詞の鍋を夏につつく。期間限定の夏鍋塩レモン鍋をつついてみた


白魚鍋、石狩鍋、鮟鱇鍋、薬喰(紅葉鍋)、桜鍋、鴨鍋、猪鍋(牡丹鍋)、塩汁鍋、鋤焼(牛鍋)、寄鍋、ちり鍋、鍋焼、そして食べ物ではないけれども社会鍋。

これらの共通点はわかりますか? 答えは、寒い時期の季語であること。

Wikipediaの季語一覧で鍋が含まれる季語を調べてみると、晩夏の泥鰌鍋ただ一つを除いては全てが寒い時期を表す季語となっています。一般的には鍋はやはり冬のものというイメージがありますね。

とはいえ、鍋業界(?)も黙っていないようで、これまでも何回か紹介しているようにここ数年は夏ならではの鍋メニューをよく見かけるようになりました。

そんななか、Googleアラートで飛んできてずっと気になっていた夏鍋「塩レモン鍋」をつついてきましたのでそちらを簡単に紹介したいと思います。

3種の期間限定夏鍋

行ったお店は「しゃぶしゃぶ温野菜」さん。期間限定の夏鍋として、

  • 激辛、発汗、発散。 激辛蒙古火鍋
  • さっぱり、爽快。 さっぱり塩レモン鍋
  • 漲るスタミナ。 夏のすきやき夏すき

これらの3種を提供していますが、今回はそのうち「塩レモン鍋」をチョイス。メニューの裏には「夏鍋」の定義をするほどの手のこみよう。

3種の夏鍋から「塩レモン鍋」を

3種の夏鍋から「塩レモン鍋」を

メニューの裏には「温辞林」から夏鍋の定義が

メニューの裏には「温辞林」から夏鍋の定義が

システムとしては、メインの鍋を選択しつつ他の9種の出汁から任意の1種類を選んで鴛鴦火鍋的につつくスタイルで、さっぱり塩レモン鍋をメインにしたので、同じくあっさりいけそうな昆布出汁のスープを選択しました。

たっぷりのレモンで見目にもさっぱり

こちらの夏鍋は冷製ではなく温かい鍋ではあるのですが、出てきたレモンたっぷりの鍋を見ると不思議と涼味を感じます。

レモンと昆布。2種類のスープ色のコントラストが良い

レモンと昆布。2種類のスープ色のコントラストが良い

具材も夏から秋にかけてが旬のレタスや青梗菜、そして最近人気上昇中のパクチーと、いくらでもつつけそうな顔ぶれです(ちなみにこちらのコースは食べ放題です)。

レタスと青梗菜、その他の具材

レタスと青梗菜、その他の具材

パクチーもおかわり可。ちゃんと根もある

パクチーもおかわり可。ちゃんと根もある

もはやオマケのお肉

もはやオマケのお肉

IHのスイッチが入り、スープが温まるまでしばし待ちます。沸騰してきたら、さあ、いただきます!

レモンたっぷりのスープで豚肉をしゃぶしゃぶ

レモンたっぷりのスープで豚肉をしゃぶしゃぶ

ごまダレ

ごまダレ

ポン酢ダレ

ポン酢ダレ

さっぱりしていくらでもいけちゃいます

さっぱりしていくらでもいけちゃいます

パクチーを薬味に。パクチー好きには嬉しい

パクチーを薬味に。パクチー好きには嬉しい

レモン色のスープにたっぷりのレモンスライスが浮いていて、とても酸っぱそうに見えますが、けしてそんなことは無く。ベースとなっている出汁がしっかりしているんでしょうか、適度な酸味を感じつつ、さっぱりとした味を楽しむことができました。

今度はあと2つの夏鍋もためしてみようかな!

 

夏が終わらないうちに期間限定の、鍋、つつこ。

(文責・大崎)

今回つついた鍋

種類: 塩レモン鍋
店名: しゃぶしゃぶ温野菜 秋葉原昭和通り口店
URL: http://www.hotpepper.jp/strJ001027473/


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です