[コソ鍋・捌拾弐]火起こしから煮込みまで〜自分でつくって初めて食べた宮城の芋煮鍋


前回に引き続き、東北は宮城からお届けします。

秋保の湯に浸かり、ゆったりした翌日はもう帰京。もっとゆっくりしたいという気持ちに逆らいながら一路戻ります。が!その前に。秋保に到着したときに寄った秋保の情報満載の「秋保・里センター」でとても気になる情報をゲットしたんです。

そう、これ。

「いも煮」の文字に惹かれた!

「いも煮」の文字に惹かれた!

なんと芋煮づくりを体験できるとか!これは気になる。鍋、つつこ。のメンバーとしては行かねば。ということで、申し込んで行ってみました。

ちなみに秋保・里センターの入口には、仙台・宮城観光PRキャラクター「むすび丸」がお出迎え。

むすび丸。 「豊かな食と文化に恵まれた宮城を「おにぎり」で表現し、「伊達」を象徴する伊達政宗公の兜の飾りをつけて擬人化した、仙台・宮城観光PRキャラクター」とのこと(公式サイトより)。

むすび丸。
「豊かな食と文化に恵まれた宮城を「おにぎり」で表現し、「伊達」を象徴する伊達政宗公の兜の飾りをつけて擬人化した、仙台・宮城観光PRキャラクター」とのこと(公式サイトより)。

またまた芋煮と出会った!

芋煮に関しては、以前、鍋、つつこ。でも取り上げました。そう、5月に訪れた山形で初めて堪能したのです。

こちらの記事にも書いてあるように、本当に染みわたる味で美味しくて。今回は自分でつくれるとあってますます楽しみ!

なんと芋煮は地域によって二つの味がある

さっそく申し込んだわけですが、先ほどのチラシ、よくよく見ると

  • 宮城いも煮
  • 山形いも煮

の2種類があります。調べてみたところ、芋煮は地域によって使う肉・調味料が異なるそうで。前回山形で堪能した芋煮は、牛肉・醤油ベースで、どことなくすき焼きを彷彿とさせる味でした。せっかくなので、今回はもう1つの味、ご当地宮城の芋煮を食べることに。こういうの、ワクワクしますねー。

ということで、旅館をチェックアウトして、芋煮づくりを体験できる「秋保 森林スポーツ公園」へ。

会場到着。

「いも煮会々場」の看板。このときはシーズンオフでしたが、もうちょっと早い10月は芋煮のベストシーズンのよう。

「いも煮会々場」の看板。このときはシーズンオフでしたが、もうちょっと早い10月は芋煮のベストシーズンのよう。

実際の竈と食事用のスペース脇には大量の鍋が。圧巻。

鍋・鍋・鍋。いい眺め。

鍋・鍋・鍋。いい眺め。

あらかじめ予約しておいたのでセットが用意されていました。

芋煮のセットが用意されている。うちわは火起こし用です。

芋煮のセットが用意されている。うちわは火起こし用です。

具材はこんな感じです。里芋、豚肉、野菜、油揚げ、そして味噌。どんな味になるのか楽しみ!

こちらは具材。里芋に豚肉に味噌、野菜に油揚げ。どんな味になるかな?

こちらは具材。豚肉に味噌、野菜に油揚げ。どんな味になるかな?

そしてここでは、ガスコンロや電気コンロのような文明の利器はありません。芋煮を作るにはまず火起こしから!

ということで燃料となる薪・新聞紙・ダンボール。あ、火はマッチでつけました 🙂

火起こし用の薪・新聞紙・ダンボール。アウトドアテクの見せ所w

火起こし用の薪・新聞紙・ダンボール。アウトドアテクの見せ所w

そしてこちらが竈。いやー、こういうのを実際に観て使えるというのは、嬉しいですね。これを観られただけでも来た甲斐がありました。

竈。こういうのを観られるだけでも素晴らしすぎる!

竈。こういうのを観られるだけでも素晴らしすぎる!

自分で火を起こして、鍋を炊いて、煮る。最高

興奮して前置きが長くなりましたw でも、もうちょっとだけ。つくる前の工程を話させてください

まずは火を起こします。ポイントは薪の組み方・くべ方。

薪に火が回りやすいように組んで、新聞紙とダンボールに着火。

薪に火が回りやすいように組んで、新聞紙とダンボールに着火。

さまになってるかな?

さまになってるかな?

だいぶいい感じに。

いい感じの火!

いい感じの火!

いよいよ鍋を炊きます。

鍋を炊きます。

鍋を炊きます。

沸騰してきたところで具材を投入。

最初は主役の里芋から!

煮えてきたところで。まずは主役の里芋から。

煮えてきたところで。まずは主役の里芋から。

このあとはどんどんどんどん投入して。

どんどんどんどん投入。

どんどんどんどん投入。

続いて野菜、油揚げ、最後に肉を投入。

続いて野菜、油揚げ、最後に肉を投入。

竈で炊く、そして煮る鍋、いいね~

この画がたまらない。

この画がたまらない。

あとは蓋をして煮込んで待つだけ。

最後は蓋をして煮込む。

最後は蓋をして煮込む。

できた!完成!美味そう!(自画自賛でスミマセンw)

完成!美味そうでしょ。

完成!美味そうでしょ。

オタマですくっただけでも美味さが伝わってきます。

里芋に肉に野菜に。早く食べたい!

里芋に肉に野菜に。早く食べたい!

動画でもお届け。


最後はお椀によそって、いただきます!

里芋に豚肉。野菜たっぷりの味噌味。

里芋に豚肉。野菜たっぷりの味噌味。

美味い!

味噌の風味と里芋の塩梅が最高です。あと、個人的には油揚げのコクがすごく出ていて、これが宮城のポイントなんじゃないかと。前回の仙台麩にも通ずうるものがある気がしました。

こういう風に屋外でつくって、炊いて、つつく鍋も楽しいです!

来年は東京でも芋煮会やりたいなー。

この日は、11月末で気温は寒かったのですが、鍋を通じて東北・宮城の味、郷土が持つ暖かさが伝わってきました。またぜひ訪れたい土地です。

お天道様の下で郷土を体感しながら、鍋、つつこ。

(文責・馮)

今回つついた鍋

種類: 宮城 芋煮
店名: 秋保 森林スポーツ公園
URL: http://www.h-crescent.co.jp/sportspark/

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です