[コソ鍋・四拾捌]庶民のごちそう? タイの焼肉+鍋、ムーガタを再びつつく


毎度毎度バンコクからお伝えします。大崎です。
今回はタイ三大鍋の第二段、焼肉と鍋のあいのこのムーガタレポート(再)です。

第二段と銘打ったものの、実は前回のレポートでムーガタやこのお店のシステムそのものについてはわりと語ってしまっているため、今回はその差分を中心にあっさりとお伝えします。

海鮮の紋章を手に入れた!

前回はシーフードなしの普通のプランでの初ムーガタだったので、今回は前回頼まなかったシーフードつきのメニューをオーダーしてみました。

すると、なにやらシールをもらえます。
スタッフさんが、これを服のどこかに貼れと言っています。

なるほど、これを貼っていると、シーフードゾーンに入れるようになる、ということですね。
ドラクエで言えば、太陽の紋章を持っていないと雨雲の杖を守っている人に門前払いを喰うようなもの? と思いながら、左腕に貼ってみます。

海鮮の証。まあ、ただのシールとも言う

海鮮の証。まあ、ただのシールとも言う

そしてもう一つ、この紋章を手に入れると、ムーガタ用の鍋の他に網焼きセットがついてきます。

ムーガタ鍋以外に海鮮焼き用のセットが登場

ムーガタ鍋以外に海鮮焼き用のセットが登場

ムーガタ鍋の隣に海鮮用の網焼き。なんだか誇らしげです。

こちらはムーガタ鍋。焼きエリアの周りに鍋エリア

こちらはムーガタ鍋。焼きエリアの周りに鍋エリア

火は七輪に炭

火は七輪に炭

 

前回は立ち入れなかった(正確にはもらえないだけ)海鮮スペースにおそるおそる言ってみると、そのコーナーにいるおじさんが、左腕の海鮮の紋章を見つけ、好きなものをもっていっていいよーとばかりににこやかに手招きをしてくれます。

すばらしい。紋章の力。

が、残すとその分の料金を取られてしまうので、まずは様子見でイカを一杯。

まずは様子見でイカ。大きい

まずは様子見でイカ。大きい

あとは普通にお肉類、野菜類を取ってテーブルに戻ります。

たぶん豚肉

たぶん豚肉

たぶん豚肉と鶏肉

たぶん豚肉と鶏肉

空心菜などの野菜やキクラゲも忘れずに

空心菜などの野菜やキクラゲも忘れずに

 

じゅうじゅう、はふはふ(再)

具材も手に入れたところで、早速焼きはじめます。
相変わらず何の肉かわからないけど、なかなか美味しい肉を焼き焼き、つつきます。脇のスープエリアには肉汁が伝わり落ち、そこで野菜を煮込んでいただきます。

焼肉と鍋が同時に味わえるのがムーガタのいいところ!

焼肉と鍋が同時に味わえるのがムーガタのいいところ!

そして、今回新たに手に入れた装備、海鮮用の網焼きで、先ほどのイカを焼き焼き。

大きいのでなかなか焼けないけど、、、

大きいのでなかなか焼けないけど、、、

焼き上がって食べてみるとなかなか美味しい!

焼き上がって食べてみるとなかなか美味しい!

チャーンビールのタワーの力もあり、ほろ酔い気分で美味しくいただきました!

チャーンビールのタワー。チャーンガールがついでくれる

チャーンビールのタワー。チャーンガールがついでくれる

タイのビールにつきものの氷。騙されたと思ってためしてみて

タイのビールにつきものの氷。騙されたと思ってためしてみて

 

まだまだ食べられそうだったので、海鮮エリアから串焼きや貝を追加で手に入れて、こちらも焼き焼き。

焼き鳥風の串

焼き鳥風の串

海鮮エリアなのに、普通のエリンギ。串打ちに手間がかかるからかな?

海鮮エリアなのに、普通のエリンギ。串打ちに手間がかかるからかな?

小さな貝

小さな貝

 

十分お腹がいっぱいになったにも関わらず、タワーのビールを含めて2人で1,000バーツ弱(一人あたり1,600円くらい?)という相変わらずのコストパフォーマンスの良さは、ほんとに病みつきになりそうです。

この日はあいにくの雨だったのですが、お腹いっぱいで気分も晴れ晴れ、楽しい気分で帰路につきました。

すっかりはまったタイの鍋。
これからもタイで、鍋、つつこ。

(文責・大崎)

今回つついた鍋

種類: ムーガタ(หมูกระทะ)
店名: ファミリームーガタ(แฟมิลี่หมูกะทะ)
URL: https://www.facebook.com/pages/ร้านแฟมิลี่หมูกะทะ-สาขาเพชรบุรี-/200530903408887
(facebookチェックイン情報)


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です