[コソ鍋・参拾弐]日本代表もハマってる?!鍋キューブ、ご存知ですか?


馮です。こんにちは。

ここのところ、少し前につついた鍋ばかり紹介してきました。理由の一つは鍋をつつく回数が減ったからw

これでは「鍋、つつこ。」の活動も危ういと思っていたところ、こちらのニュースを目にしました。

川澄、好調の秘訣?明かす「『鍋キューブ』あれは神です」

おや?鍋?っていうか、鍋キューブ!!

そう、実はこれ、僕もこの活動を始めてから知ってハマっているので、すごくテンションが上がりました。

何かというと、味の素株式会社さんが発売している、固形の鍋の素です。

【味の素KK】はつめい「鍋キューブ」
http://nabecube.jp/

何がすごいかって、一人前ごとのサイズに分かれているところ。たとえば、サクッと鍋を作りたいなというときには、これと水があれば出汁スープは完成。あとは具材を準備して煮込めば、すぐに鍋が食べられます。

ステップはこんな感じ。

  • 水を入れ、鍋キューブを入れ、沸騰させる(5分ほど)
  • 具材を切る(数分程度)
  • 具材を煮込む(お好みで。数分~数十分)
  • 完成

時間にして最短10分ほどで鍋が食べられます。

ちなみに先日開催した鍋Qでも大活躍でした。証拠写真も↓

blog

ちゃんと写ってます!

で、このニュースを見て久々に鍋をつつきたくなり。作っちゃいました。

ということで、今回ご紹介するのはこちら「鍋キューブ」と自作の白菜鍋です(久々につついた当日に紹介する鍋ですw)。

とにかく簡単に鍋がつつける、味わえる

こちら市販の「鍋キューブ」。常備しています 🙂

鍋キューブ

一袋八個入り。全四種類の味。

このように一人前(水180ml)に対して一個という分量。

1個ずつ

一人前、一個ずつのパッケージ。

鍋キューブの本体。親指サイズ。

サイズはこのぐらい。

親指サイズ。


水を張り、鍋キューブを投入。出汁スープはこれでOK。

水とキューブ

出汁スープはこれでできあがり。水+鍋キューブ。

そして、煮込みます。僕は水の状態から白菜を煮込んで、かなりくたくたにするのが好きです。

白菜

まずは白菜から。くたくたに煮るのが好きです。

最後に具材を投入して完成。このゴールデンウィーク食べ過ぎたこともあって、野菜多めのヘルシー鍋に。美味い!

ぐつぐつ

白菜が煮えてきた頃にほかの具材も。豚肉、舞茸、えのき、もやしに豆腐。あとイカシュウマイ。

先ほどのニュースで川澄選手は「『鍋キューブ』(固形の鍋つゆの素)ってあるじゃないですか。あれは神です」ってコメントしていますが、僕もほんとそう思います。とくに、鍋が食べたい!でもあまり時間がない!というときに、この鍋キューブを使えば手軽にすぐにつつけます。

出汁を取り、下準備もして、じっくり煮込んで、つくる鍋も美味しいですが、今回紹介したように、カジュアルに、手軽にファストフード感覚で楽しむ鍋も、これまた美味しいもの。現代にぴったり?なのかも 🙂

これからも、手軽にカジュアルに。鍋キューブを使って、鍋、つつこ。

(文責・馮)

今回つついた鍋

種類: 自家製白菜鍋(鍋キューブ使用)
店名: 東京都内
URL: http://nabecube.jp/

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です