[コソ鍋・弐佰拾陸]ラビスタ函館ベイで食べられる日本一の朝食。はたして鍋はつつけるのか?


トリップアドバイザーが主催するランキング「朝食のおいしいホテル」にて、2011/2012の2年は堂々の1位、その後、20132016年は2位とつねにランキング上位に位置し、日本でも有数の美味しい朝食が食べられるホテル、それがラビスタ函館ベイです。

函館と言えば、2ヵ月前に訪れた場所。そのときはラビスタ函館ベイと同じ敷地内にある「ジンギスカン 羊羊亭」さんにてジンギスカンをつつきました。

そして、今回はラビスタ函館ベイの噂の日本一の朝食を堪能。はたして、鍋はつつけるのか――。

函館山とベイエリア。

函館山とベイエリア。

みんなの目当て、函館の絶品いくら醤油漬け

まずはこちら。どーん。

ここの朝食の名物函館産「いくら醤油漬け」。

名物!いくら醤油漬。

名物!いくら醤油漬。

これがなんと食べ放題。盛り放題。

ご飯も盛り放題。

ご飯も盛り放題。

食欲をそそる食材たち。

食欲をそそる食材たち。

他の刺し身や白米とともに用意されていて、ここはつねに人だかり。おかわりもどんどんされています。もちろんぼくもたっぷり。

鍋ではないですね・笑

鮭の三平汁&北海道噴火湾産 帆立の味噌汁

そして、さらに探してみたらありました。

鉄鍋を発見したときの嬉しさときたら!

鉄鍋を発見したときの嬉しさときたら!

こちら。北海道の鮭を使った三平汁(左)。さらに、北海道噴火湾(北海道南西部に存在する巨大な湾)産の帆立を使った帆立の味噌汁(右)。

鮭の三平汁。

鮭の三平汁。

三平汁と言えば、北海道の郷土料理。鮭の塩漬けにジャガイモなどを煮込んだもの。濃厚な味わいが特徴です。

北海道噴火湾産、帆立の味噌汁。

北海道噴火湾産、帆立の味噌汁。

もう1つはいわゆる味噌汁ですが、北海道噴火湾(内浦湾)で獲れた帆立たっぷりの味噌汁。これはもう鍋ですね。

いずれも鉄鍋で煮込まれていて、各自で取り分けるスタイルでした。No.1の朝食にも鍋はありました!

他にも北海道の名産を朝からよりどりみどり

さらに北海道の海の幸・山の幸をバーベキューにしたものや。

北海道BBQ。

北海道BBQ。

北海道民のソウルドリンク(?)、北海道限定乳酸菌飲料「カツゲン」。

道民のソウルドリンク、カツゲン。

道民のソウルドリンク、カツゲン。

そしてジンギスカンも発見。こちらではこちらも有名な花畑牧場のホエー豚を使ったジンギスカンでした。

花畑牧場のホエー豚を使ったオリジナルジンギスカン。

花畑牧場のホエー豚を使ったオリジナルジンギスカン。

ということで、いろいろ盛って美味しくいただきました!

日本一の朝食(馮バージョン)。 胃袋が足りない!

日本一の朝食(馮バージョン)。
胃袋が足りない!

 

ラビスタ函館ベイ。

ラビスタ函館ベイ。

結論。

日本一の朝食にも鍋はあった!

ちなみに今回の旅行では噂の北海道新幹線にも乗りました。

北海道新幹線。

北海道新幹線。

新函館北斗駅。

新函館北斗駅。

 

朝から美味しく、鍋、つつこ。

(文責・馮)

今回つついた鍋

種類: 鮭の三平汁&北海道噴火湾産 帆立の味噌汁
店名: ラビスタ函館ベイ(北海道・函館)
URL: http://www.hotespa.net/hotels/lahakodate/

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です