[コソ鍋・弐佰伍]鶏・鶏・鶏の鶏づくし。華味鳥で水炊きをつつく


先日「鍋部長」で紹介した華味鳥さん。

過去にランチでつついた華味鳥の水炊きですが、今回はディナータイムでつついてきました。

これでもか、というぐらい鶏を堪能

じつはこちらのお店、ランチも人気です。

以前ランチで訪れたときはすでに満席で入れず。この日も予約ナシだったのですが、時間が少々早いこともあって運良く入ることができました。

銀座四丁目の交差点近くのビルの地下一階に入り口が

銀座四丁目の交差点近くのビルの地下一階に入り口が

席につくとお通しが。

ちなみに明太子とおきゅうとは一説によると博多人のソウルフードだそう(そうなのかな?)。

お通しは明太子とおきゅうと

お通しは明太子とおきゅうと

メニューを見ると魅力的な品がいっぱい。水炊きの前に色々オーダー。

季節の華味鳥サラダ。彩りが綺麗

季節の華味鳥サラダ。彩りが綺麗

華味鳥生ハムと親鳥たたき盛り合わせ

華味鳥生ハムと親鳥たたき盛り合わせ。香りを楽しむ燻製と、食感を楽しむたたきと。

軟骨の唐揚げ

軟骨の唐揚げ。コリコリしていて美味しい

身が柔らかなとり天。水炊きのスープを下味に使っているとのこと

身が柔らかなとり天。水炊きのスープを下味に使っているとのこと

なんか頼みすぎた感が満載ですが、お酒のつまみとしては最高です。専門店ならではの鶏料理を堪能します。

 

ここからが本番。水炊き登場

これで終わっては仕方がないということで、本命の水炊きをオーダー。こちらは2人前からの注文となります。

ぶつ切りの華味鳥がはいったスープが登場

ぶつ切りの華味鳥がはいったスープが登場

ひと煮立ちさせたところで鶏をよそってくれる

ひと煮立ちさせたところで鶏をよそってくれる

大ぶり、しかしとても柔らかい華味鳥

大ぶり、しかしとても柔らかい華味鳥

スープだけでもいただきます

スープだけでもいただきます

お鍋の面倒はすべて店員さんが見てくれます

お鍋の面倒はすべて店員さんが見てくれます

いただきます!

いただきます!

優しいながらもしっかりとした味わい

優しいながらもしっかりとした味わい

写真を撮り忘れましたが、〆は雑炊で。具材の味がしみ出たスープでできた雑炊はこれまた良い感じで、最後まで鶏を堪能することができました。

ゴロッと大胆にカットされた鶏肉でしっかりと鶏を味わいつつ、その旨みが溶け出した優しい味のスープをいただく。いやー、贅沢です。

ちなみにこの水炊きを自分でも再現してみたくて過去に自宅でスープ作りから挑戦したこともありましたが、やはりプロにはかないませんね。完敗です(笑)

ちなみに以下はその時の様子です。

お? なんかそれっぽくなってきた

お? なんかそれっぽくなってきた

ところで華味鳥って?

さて。

こちらの店名にもある「華味鳥」という名称ですが、お店の運営会社であるトリゼンフーズ公式サイトに説明がありました。

華味鳥とは、トリゼンフーズのオリジナル銘柄鶏の名前です

(中略)

肉の色がみずみずしく、もも肉は華やかなピンク色である事から「華」。また、鶏肉特有の臭みが抑えられ、はっきりとした旨みと歯ごたえがあり、自信をもってお勧めできる味です。

出典:華味鳥とは|トリゼンフーズ株式会社|華味鳥

華のようであり、かつ味わい深い鳥。といったところでしょうか。

たしかにいただいた大ぶりの鶏肉は臭みがなく、しっかりとした食感がありつつも柔らかい、美味しい鶏肉でした。

「みどり」と言えば

ちなみにこのブランド鶏の名前を分解すると「華」「味」「鳥」ということになるのでしょうが、「はな」「みどり」と2つに分解することもできそうです。

「みどり」の読みを持つ漢字を調べてみると、以下の4つがありました。

1. の「緑」が一番おなじみ。色を表す一般的な漢字ですね。

2.の「碧」も「緑」と同じように色を表しますが、「碧玉」という鉱物があるように、美しく光り輝く宝石という意味も持ちます。

3.と4.は異字体と標準字体の違いで意味としては同じ。色をあらわす「みどり」のほかに「かわせみ」という読みもあります。

この「かわせみ」が面白く、調べたところ雌鳥が「翠(スイ)」で、雄鳥は「翡(ヒ)」と表すそう。

この2つの漢字を合わせると「翡翠(ヒスイ)」。深緑が美しい、おなじみの宝石です。翡翠という宝石名自体が、カワセミの羽の色に由来してつけられたそうで、いずれにしてもこの「翆・翠」はただ色を表すだけではなく、暗黙に美しさや高貴さをもつ漢字といえそうです。

鶏肉ブランドとして「味」「鳥」を「みどり」にあてていますが、実はこういった別の意味も込められているのでは? と想像を膨らませてしまいました。

こういう解釈の展開ができるあたり、表意文字と言われている漢字は面白いですね。

 

名前に想いを馳せつつ、鍋、つつこ。

(文責・大崎)

今回つついた鍋

種類: 水炊き
店名: 博多華味鳥 銀座四丁目店(東京・銀座)
URL: http://www.hanamidori.net/store/archives/20


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です