[コソ鍋・捌拾玖]ディープタウン野毛のすきずきで鰤しゃぶ


横浜の港から山側にあるディープタウン野毛。どんどん開発が進むみなとみらい地区とは対照的に昭和の雰囲気を残しながらも、活気があり、ある意味、横浜の醍醐味を堪能できる場所です。

今回、香川からライブを観に来ていた友人2名が横浜で呑みたいとのことで、じゃあ、野毛でということで行ってきました。僕自身、野毛にはまだまだ行ったことがない店がたくさんあるので、行くたびにいつもワクワクします。

そんな中、この日は、前からちょっと気になっていた「横浜すきずき」さんへ。こちらは1981年(昭和56年)に、京浜急行日ノ出町駅前にオープンし、1991年、今から13年前に野毛に移転してきた歴史のある店。

僕自身、1980~1993年までの12年半、黄金町にある小中高に通っていたこともあって、どこか縁があるような気もして。

店内に入ると、そこはもう昭和空間。懐かしさとホッとする感じが溢れています。

雰囲気のある店内。

雰囲気のある店内。

こんな提灯観たらハイボールが呑みたくなるよね!

こんな提灯観たらハイボールが呑みたくなるよね!

ステキな店内で、新鮮な魚と野毛ならではの酒の肴を楽しめるお店。今回頼んだのはこちら。鰤しゃぶです。

鰤を使った鍋は、鍋、つつこ。スタート当初もつついたのですが、今回は大人数でしゃぶしゃぶスタイルで。

(そのときの記事はこちら→「[コソ鍋・参]出世魚と鍋の共通点~鰤すき鍋、つつこ。」)。

新鮮な鰤の切り身と野菜、そして、鍋。

鰤に野菜に鍋。

鰤に野菜に鍋。

鰤アップ。このまま食いたい!

このまま食べたいぐらいの鰤。

このまま食べたいぐらいの鰤。

野菜。

野菜。

野菜。

出汁はシンプルに昆布のみ。

出汁はシンプルに昆布のみ。

出汁はシンプルに昆布のみ。

煮えてきた頃合いにしゃぶしゃぶと。

しゃぶしゃぶ。

しゃぶしゃぶ。

〆は雑炊で。

〆は雑炊です。

〆は雑炊です。

今回、友人2名とと書きましたが、厳密には面識があったのは1名のみ、もう1名はこの日が初対面でした。しかし、同じ1975年生まれ、育ってきた時代が一緒なこともあり、トークの内容が盛り上がり。さらに鍋を一緒につつけば、もうそのときから友人になれます。まさにこれは、鍋、つつこ。で目指してきている世界観。

鍋をつつけば皆、友だち 🙂

同年代トークで盛り上がりました。

同年代トークで盛り上がりました。

一緒につつけば、皆、友だち。みんなで仲良く、鍋、つつこ。

(文責・馮)

今回つついた鍋

種類: 鰤しゃぶ
店名: 横浜すきずき(野毛)
URL: http://www.y-sukizuki.com/top.html

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です