[コソ鍋・漆拾壱]本州最北端、青森で割ってつついた八戸せんべい汁


馮です。こんにちは。

ジャイアンツ、セ界制覇!V3達成!

巨人が優勝しました!3年連続36度目のセ・リーグ制覇!優勝の瞬間は、メンバー大崎と鍋、つつこ。ファミリーの藤巻さんや並川さんとともに白子鍋、鮟鱇・鮟肝鍋をつついていました。その模様は改めて。

ぜひとも今年はまた日本一を奪還してほしい!

さてさて。前置きが長くなりました。9月に入り、鍋のシーズンが始まったこともあり、僕たちの活動がまた活発になってきました。そんな中、今回紹介するのは、りんご生産量日本一として有名な青森、八戸の郷土料理「せんべい汁」です。

青森と言えばりんご。こちらは弘前市りんご公園の「ひろさきふじ」。

青森と言えばりんご。こちらは弘前市りんご公園の「ひろさきふじ」。

先日、あおもりIT活用サポートセンターさん主催の電子書籍ワークショップにお招きいただき、電子出版・書籍に関するプレゼンとワークショップに参加してきました。
ちなみにそのときのワークショップの模様はこちら。良かったらご覧ください 🙂

9/20(土)開催!「プロに学ぶ、電子書籍出版の前に考えるべきこと」ワークショップが終了しました。
http://www.aoit.jp/5875.html

その際、イベント前日の夕飯時に現地の皆さんにコーディネートしていただいたお店でたらふく青森の海の幸、そして、魅力的な日本酒を思いっきり満喫したわけなんですが、鍋、つつこ。の一員としては、刺身や鮨、日本酒もいいけど、やっぱり鍋もね!ということで、皆さんと解散した後、夜の青森をふらふらと鍋探しの旅に出かけました。

そこで見つけたのが、青森駅前の「居酒屋 弁慶」さん。

観るからに呼び込まれる店構え。居酒屋弁慶。

観るからに呼び込まれる店構え。居酒屋弁慶。

2Fのお店で、階段をあがるときから「せんべい汁」の文字が。これは期待!

2Fへ上がる階段には「せんべい汁」の文字が。

2Fへ上がる階段には「せんべい汁」の文字が。

さっそく座席に案内されると、夜も遅い時間だったせいか個室を独り占め。
そして!着席した瞬間にこんなメニューが!!!

たまらないメニュー!せんべい汁以外にも惹かれるものばかり。

たまらないメニュー!せんべい汁以外にも惹かれるものばかり。

いやー、どうしよう。すでに満腹だったんだけど、どれも食べたくなりました(笑)

何はともあれ、まずは酒。こちらでは青森の地酒、亀吉の特別純米をいただきました。旨い。

青森の地酒、亀吉の特別純米。

青森の地酒、亀吉の特別純米。

そして、せんべい汁をオーダーし、登場。じゃーん。

登場!すでに出汁に浸された具材に、主役のせんべい。

登場!すでに出汁に浸された具材に、主役のせんべい。

せんべいがなければ普通の鶏すき鍋風。でも、せんべいがあるだけで、一気に青森・八戸の郷土料理に。

主役のせんべい。せんべい汁用の「かやきせんべい」です。

主役のせんべい。せんべい汁用の「かやきせんべい」です。

主役のせんべい。調べてみたところ、こちらは南部せんべいの中でも「かやきせんべい」と呼ばれる、せんべい汁用に焼き上げたものだそう。ふむふむ。

まずは割ります。

まずはせんべいを割ります。

まずはせんべいを割ります。

鍋が煮立ってきた頃合いを見てせんべいを投入。

鍋が煮立ってきたら割ったせんべいを投入。

鍋が煮立ってきたら割ったせんべいを投入。

いい感じに出汁を吸い込んでいますね。待ち遠しい。

煮えてきました。

煮えてきました。

動画でもどうぞ。

まずはあっさりとした感じのタイミングでよそって。

せんべいと山の幸。味が染み入っていて旨かった!

せんべいと山の幸。味が染み入っていて旨かった!

とにかく、なんと言ってもせんべいです。せんべい自体が、醤油やみりん、山の幸、鶏が煮込まれてできた出汁が思いっきりすって、とても硬かったせんべいが、ちょっと歯ごたえのある、お麩のような独特な歯ごたえ、そして安心する味わいに。

とにかく旨い!

そして、さらにもっと煮込むとこんな感じに。

せんべいに、醤油とみりんベースの独特の出汁が染み込みます。

せんべいに、醤油とみりんベースの独特の出汁が染み込みます。

せんべいが出汁を吸い込み、どこか懐かしくもあり、そしてほっこりとする味わいに。まさに日本の味。郷土料理。

ごちそうさまでした。

ごちそうさまでした。

ぺろっといただきました。

青森で、日本酒片手に一人、しっぽりと :-)

青森で、日本酒片手に一人、しっぽりと 🙂

ちなみに。このお店、鍋の種類がすごく豊富で。いやー、これは他のメンバーと来てまたつつきたい!

他にもいっぱい!うー、胃があと3つぐらいほしいw

他にもいっぱい!うー、胃があと3つぐらいほしいw

せんべい汁の発祥の由来は

こんなに素朴で旨いせんべい汁、いつ生まれたのかきになるところ。ということで、まずはさっそくWikipediaで調べてみたところ。

せんべい汁は、江戸時代後期の天保の大飢饉の頃に八戸藩内で生まれたとされる。その後200年余りに渡って現在の南部地方一帯で食べられてきた。
Wikipediaより)

ふむふむ。江戸時代後期ということは、約250年前から。なかなか歴史があります。

さらにネットを調べてみたらこんなすてきなサイトを発見。

八戸せんべい汁研究所
http://www.senbei-jiru.com/

こちらのサイトを調べたりしてみると、青森の郷土料理というよりは、八戸を中心に、青森県南~岩手県北の南部藩と呼ばれた地域で食べられてきた鍋のようです。このあたりは、江戸時代の幕藩体制や、その後の廃藩置県などの影響がありそう。こういうのを調べて知ることができるのもの、僕たち鍋、つつこ。の活動の醍醐味です。

それから南部と言えば、南部鉄器。今度は南部鉄器探しに、みんなで鍋、ぶらり。をしてみたいなぁ~

最後に。今回の八戸せんべい汁(以降、八戸を付けます)をつついた青森はこれまでの活動範囲の中で最北端。僕たちの活動範囲がさらに広がりました。

これからも日本全国津々浦々、日本の文化、郷土の味を探して、鍋、つつこ。

(文責・馮)

今回つついた鍋

種類: 八戸せんべい汁
店名: 居酒屋 弁慶(青森)
URL: http://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2005872/

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です