[コソ鍋・弐拾弐]旬を先取り、粋に食べる~ホタルイカのしゃぶしゃぶ


馮です。こんにちは。

前回のコソ鍋記事でも紹介したとおり、出張で名古屋、その後、広島へ行ってきました。地方への出張と言えば、その土地々々の料理と出会うのが楽しみの一つ。まさに「鍋、つつこ。」の活動にぴったり。

ということで、これから両地域で食べた鍋を二つずつ、計四種類の鍋をご紹介します。

ホタルイカのしゃぶしゃぶ

最初にご紹介するのはこの鍋です。

ホタルイカ

プリプリ。このまま食べても美味そう。

何かわかりますか?ホタルイカです。

浅底の鍋に

浅底の鍋に、緑が映える茎野菜と葉野菜。そして、麸。なめこ。お祭りのよう。

このキレイな彩りで、ちょっと上品な姿で登場したのは「炭焼 割烹 わらじん」さんのホタルイカのしゃぶしゃぶです。

光のあたり具合もあいまって、とてもキレイな画の鍋でした。味とともに、見た目も楽しむ。これも鍋をつつくときの醍醐味の一つです。

でも、やっぱり早く食べなきゃ!ということで、さっそくホタルイカを箸でつまみ、しゃぶしゃぶと。

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶと。

少し出汁スープにくぐらせただけでほんのり白く。

ほんのりと白く

しゃぶしゃぶしただけで淡い白に色が変わる。

今回、名古屋ならではの鍋というわけではないのですが、こちらのお店のこの日のオススメということでオーダーしたところ、今までに味わったホタルイカの味とはまた違った、今まで味わったことのない味でした。というのも、僕がこれまで食べてきたホタルイカは、沖漬け(醤油味)か辛子酢味噌和えで、いずれも調味料の味が前面に出る料理だったから。

今回のホタルイカのしゃぶしゃぶは、あっさり出汁にくぐらせて、新鮮なホタルイカをちょっとだけ温めて食べるというもの。この、ちょっとだけ温める、しゃぶしゃぶという調理手法は素材の味を引き立てますね。

ちなみに今回食べたホタルイカについて少し調べてみたところ、旬は四月とのこと。旬になる素材を先取りするっていうのは、ちょっと粋だと思いませんか? たしかに今回食べたホタルイカの姿、そう思って見てみると粋な感じですね、というのはちょっと無理があるでしょうか 🙂

これからも、粋な感じで、鍋、つつこ。

(文責・馮)

今回つついた鍋

種類: ホタルイカのしゃぶしゃぶ
店名: 炭焼 割烹 わらじん(名古屋)
URL: http://r.gnavi.co.jp/n128802/

You may also like...

1 件の返信

  1. 2014年3月18日

    […] 前回、前々回に続いて、名古屋で続いた鍋を紹介します。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です