[コソ鍋・弐拾壱]おでん考:おでんは鍋か否か?


馮です。こんにちは。

イベント出張で名古屋に来ています。

名古屋といえば、味噌カツに煮込みうどん、ひつまぶしに手羽先などなど、名古屋ならではの食の楽しみがありますね。

この流れでいけば今回は「名古屋ならではの鍋」となりそうですが、そうではなく(笑)。今回紹介するのは「おでん」です。

今回は、取引先の方との打ち上げで「那古や 正shou おでんや炙り焼」さんのおでんをいただきました。

昆布出汁の、あっさりとしたおでんです。

おでん

昆布出汁で、ちくわにこんにゃく、大根、厚揚げ、タマゴ、がんもどき。
おでんを見ると鶴ちゃんを思い出すのは昭和世代。

こちら、ツケだれが名古屋風。八丁味噌が用意されています。

八丁味噌

八丁味噌で味付け。名古屋的。

こんな感じ。甘くてコクのある味噌で食べるとまた一味違って美味いです。

おでんに味噌

おでんに味噌。この組み合わせ良かった。

おでんの定義は、鍋?煮物?

美味しくいただきました。

そして今回のおでん。自分としては鍋かどうか判断つかず、まずは「鍋、つつこ。」のFacebookグループにてメンバー二人に確認したところ……

「農林水産省によると、鍋どす。」

というメンバー大崎からの冷静かつ迅速なコメントが。

コメント

メンバー大崎の冷静かつ迅速なコメント、どす(どすはtypoで訂正入りましたが響きがユニークなのでそのまま引用)。

たしかに、農林水産省のWebを調べてみたところ、「特集2 体も心も温まる ふるさと鍋紀行(1)」にて、おでんは「煮汁鍋科」の「八方汁属」に分類されていました。ふむふむ。

この分類法、面白い(詳細はこちらのページを。面白いのでぜひご覧ください)。

それとは別に、自分のFacebookでポストして確認してみたところ、このような回答が。みんな、おでん大好き!

おでん考

みんなおでん大好きだね!

概ね「おでんは鍋!」というご意見をいただいたのですが、「前日から仕込む必要があるものは鍋と言いませんw」といったご意見、他にも、

  • 飲み物
  • タンパク質

などなどいろいろなコメントをいただけました。タンパク質とか聞いてないし(笑)

さらにもうちょっと調べて、食品メーカーの「紀文食品」さんが1994年から毎年行っている「鍋ランキング【鍋白書】」によると、最新の2012年の統計結果で、おでんが堂々の第一位!家庭の鍋と言えばおでんなんですかね~

ということで、ふとしたところから盛り上がった「おでん」。実は、「鍋、つつこ。」メンバーの設立当時でもちょっと議論には上がった題材ではあったのですが、思いのほか奥が深い。

さて、今回の記事をふまえての結論は、

「おでん」は……


……
………

コンテンツ力がある!ということ。

こんな回答でスミマセン(笑)。

たぶん、九割方、鍋だとは思うんですけど、もうちょっと研究したい。まさに僕たち「鍋、つつこ。」でもっと話し合って、改めて発表したいです。今度、本家鍋で三人一緒に「おでん」をつつきながら 🙂

今度はみんなでハフハフしながら、鍋、つつこ。

(文責・馮)

今回つついた鍋

種類: おでん
店名: 那古や 正shou おでんや炙り焼(名古屋)
URL: http://r.gnavi.co.jp/n004104/


You may also like...

2件のフィードバック

  1. 2014年3月17日

    […] 前回のコソ鍋記事でも紹介したとおり、出張で名古屋、その後、広島へ行ってきました。地方への出張と言えば、その土地々々の料理と出会うのが楽しみの一つ。まさに「鍋、つつこ。 […]

  2. 2014年3月18日

    […] […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です