[瓦版・弐拾漆]ハマで鍋!タカ&ユージもアツくなる?!「鍋小屋2016 ~寒い冬は横浜赤レンガ倉庫でホッコリ~」、2月19~28日まで開催


今、横浜がアツいです。

そう、あのあぶない奴らが11年ぶりに戻ってきたから――『さらばあぶない刑事』絶賛公開中!

『さらば あぶない刑事』
http://www.abu-deka.com/

映画関係者の回し者ではありません。馮です。こんにちは。

さてさて、ちょっとだけ話しを続けると、この映画『さらば あぶない刑事』、ほんとうに最高でした。あぶデカファンなら11年ぶりに戻ってきたタカ&ユージ、そして、トオル、カオルがスクリーンで弾ける姿、アツくこみ上げるものがあるのではないでしょうか。僕と同世代(あぶデカをリアルタイムで観た方)でまだ鑑賞されていない方はぜひ劇場へ(決して映画関係者の回し者ではありません[二度目])。

だいぶ前置きが長くなりましたが、歴代の『あぶない刑事』のロケ地として何度も登場していた横浜赤レンガ倉庫で鍋のイベントがあるんです。これまたアツい!

鍋小屋2016 ~寒い冬は横浜赤レンガ倉庫でホッコリ~
http://www.yokohama-akarenga.jp/event/index#plaza284

開催日時:2016年2月19日~2016年2月26日 12:00~21:30
(※飲食の販売終了時間は21:00)
開催場所:横浜赤レンガ倉庫(アクセス

道標

神奈川・東北産の野菜と好きな肉をチョイス「選べる鍋」と個性豊かな「コンセプト鍋」、あなたならどうする?

今回初開催となる鍋小屋2016。特徴はさまざまなスタイルでを選べること。

選べる鍋エリア

まず、野菜、メイン、出汁のカテゴリからそれぞれ好みの種類を選び、会場内の畳の小上がりで土鍋を使用して作ることができる「選べる鍋」エリア。

野菜

具材にも工夫がされており、野菜は神奈川・東北産から10種類のものが用意され好みの6種類を選べます。

  • 神奈川県産:春菊、椎茸、小松菜、大山豆腐
  • 東北産:ジャンボなめこ、雪下人参、霜降り白菜、水菜、仙台曲がりねぎ、大根(無農薬)

メイン

メインは5種類から1つ。

  • はまぽーく(豚肉)
  • かじか(北海道産の魚)
  • 助宗たら(白子鍋)
  • 牡蠣(北海道知内産)
  • 鶏もも肉

ちなみにかじかを使った「かじか鍋」はあまりに美味しくて、鍋をつつきすぎて壊してしまうという「鍋壊し」とも言われているそう。これは気になる!

出汁

出汁は数種類の中から1つ選べるそう。サイトで公開されていなかったので、内容はぜひ会場にて。

コンセプト鍋エリア

選べる鍋エリアはオンリーワンの鍋をつつくところとすれば、「せっかくだから自分が知らない秘伝の鍋を試してみたい!つつきたい!」という、各地・各店舗で伝わる秘伝の鍋が楽しめるのがこちらのコンセプト鍋エリア。

個性豊かなコンセプト鍋を選んでつつけます。

  • 白雪鍋:小西酒造の日本酒醸造過程で生まれる酒粕を使用し霧島豚、有頭エビやホタテなどの食材を使用
  • 鶏つみれ白湯(パイタン)鍋:鶏ガラと豚骨の旨みを凝縮したスープを使用した鍋
  • 酒鍋:純米酒を贅沢に使い、鶏と九条ネギを使用した鍋
  • 芋煮:山形県民が愛している、身も心も温まる郷土料理
  • 天然醸造つむぎ味噌の二種豚鍋:豚スネ肉と骨付あばら肉を天保三年創業茨城県産つむぎ味噌で煮込んだ濃厚鍋
  • もつ煮:車橋もつ肉店を系譜に持った“ハマのもつ肉店”、3回煮こぼし極限まで柔らかくした味で、1日500杯を売り上げる秘伝鍋

うーん、どの鍋も気になりますね!これはまた胃袋がたくさん欲しくなるイベントじゃなかろうか。

さてさて、開幕日の2月19日は暦の上では「雨水」。雪が雨に変わり、いよいよ春に向けて動き出す、農耕の準備を始める目安と言われている日です。鍋小屋2016開催地の横浜をはじめ、日本各地ではすでに春一番が吹いていて、まさに散歩日和、外出日和になってきます。とは言え、肌に触れる風はまだ冷たい季節。そんなときにぴったりなのが、屋外鍋ですね。

皆さん、ぜひ港町横浜に足を運び、街を散策して小腹が空いたら鍋をつつく、そんな一日を楽しんでみてはいかがでしょうか?

昼の横浜みなとみらい。

昼の横浜みなとみらい。

夜の横浜みなとみらい。

夜の横浜みなとみらい。

夕暮れの横浜赤レンガ倉庫。

夕暮れの横浜赤レンガ倉庫。

エピローグ

そうそう、大事なことを忘れていました。横浜赤レンガ倉庫ではほかにも魅力的なイベントが開催中。そう、『あぶない刑事』シリーズの歴代名シーンパネルが展示中なんです。ほか、横浜各地にて「ロケ地横浜タイアップ」と題した『あぶない刑事』連動イベント・キャンペーンが数多く実施されています。こちらも行かないとね!

「さらば あぶない刑事」イベント・キャンペーン情報
http://www.abu-deka.com/yokohama/

「あれ?やっぱり映画関係者の回し者じゃないの?」なんて思われるかもしれません。

関係ないね。(©大下勇次)

 


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です