[コソ鍋・佰壱]東京で見つけたタイ鍋~新大久保駅裏でチムチュムをつつく


馮です。こんにちは。ついにコソ鍋も100回を超え、鍋を探し、鍋をつつく旅はまだまだ続きます。

そんな中、海外の鍋として過去数回登場しているタイの鍋、チムチュム。メンバー大崎がいつもバンコクで美味しそうにつついて食べているのを見て羨ましいなーと思っていたところ、「日本で食べられるところがあるからみんなで行きましょう!」と、東京で食べられるチムチュムの店に行ってきました。

場所はディープタウン、新大久保。駅を降りた瞬間から異国情緒が漂います。

こちらが今回おじゃましたお店「ソムオー新大久保店」さん。店構えがすでにタイっぽい。昔行ったカオサン通りの雰囲気をちょっと思い出しました。

外観がどことなくタイの路地裏を彷彿とさせる店構え。

外観がどことなくタイの路地裏を彷彿とさせる店構え。

さっそくタイ料理をオーダーします。ここのお店、とにかくメニューが豊富で、たとえばソムタム1つ取っても5種類あって、しかも辛さを「普通」「控えめ」、さらに「タイ現地風」など選べるぐらいのこだわりよう。

辛いもの好きなのでタイ風を。

ソムタム。一番シンプルなタイプで。辛さはタイ風に。辛くて美味かった!

ソムタム。一番シンプルなタイプで。辛さはタイ風に。辛くて美味かった!

続いて春雨サラダ、ヤムウンセン。さっぱりなところに香草の風味がハマります。

ヤムウンセン。春雨サラダ。さっぱりヘルシー。

ヤムウンセン。春雨サラダ。さっぱりヘルシー。

こちらはメンバー大崎イチオシの「クン・チェー・ナンプラー」。生海老をナンプラーに漬けて、辛味ソース、香草、生ニンニクで食べるというもの。初めて食べたけど、これはクセになる!

生海老の辛味ソース。生ニンニクが刺激的!

生海老の辛味ソース。生ニンニクが刺激的!

ガイヤーン。タイの焼き鳥。

ガイヤーン。焼き鳥。

ガイヤーン。焼き鳥。

パッタイ。タイの焼きそば。パッタイもいろいろな種類がありました。

パッタイ。タイの焼きそば。

パッタイ。タイの焼きそば。

ちょっとオーダーしたら、テーブルの上がカラフルに。これもタイ料理ならではですね。

テーブルがカラフルになるのもタイ料理の醍醐味の1つ。

テーブルがカラフルになるのもタイ料理の醍醐味の1つ。

パクチーも追加したりして。緑が鮮やか。

パクチー追加で。

パクチー追加で。

そして、今回の主役、チムチュム。メンバー大崎曰く、ここのチムチュムは料理自体は本場と同じだけど、使う鍋は現地で使用する素焼きタイプではなく、いわゆる鉄鍋タイプとのこと。

それでも、観るからに美味しそうな出汁スープが登場してきました。

チムチュムが来ました。こちらの店の鍋は鉄鍋でした。

チムチュムが来ました。こちらの店の鍋は鉄鍋でした。

具材が登場。まずは肉。

肉。豚にラム、そしてホルモン。生卵も混ぜて。

肉。豚にラム、そしてホルモン。生卵も混ぜて。

そして野菜。

スイートバジルに空芯菜、たっぷりの野菜。

スイートバジルに空芯菜、たっぷりの野菜。

このオーダーもすべてメンバー大崎セレクト。現地を知っている人間がいるのはすばらしいですね!

もちろんこの日の鍋奉行も担当してくれました。

メンバー大崎が本場仕込みの作り方を披露。

メンバー大崎が本場仕込みの作り方を披露。

まずは野菜を煮込んで。見た目は似ていても、日本の鍋とは風味が違うのが鍋の面白いところ。鍋の多様性ですね。

まずは野菜から。香草の複雑な香りのハーモニー(グルメレポーター風にw)。

まずは野菜から。香草の複雑な香りのハーモニー(グルメレポーター風にw)。

肉も入れて。ちなみに鍋のアク取りは万国共通です(たぶん)。

続いて肉投入。これまた美味い。

続いて肉投入。これまた美味い。

スープ自体にさまざまな香草が入っていて、ベースは薄味なので、繊細でしっかりとした味わい。このままでも十分美味い!

いろいろな風味が混ざりながらもさっぱりと食べられる味。

いろいろな風味が混ざりながらもさっぱりと食べられる味。

しかし、調味料がたくさんあるタイならではの味付けももちろんできます。辛味や酸味など、さまざまな味が楽しめる調味料を自分好みに付けて。

追加の調味料を入れれば、味がまた変わる。

追加の調味料を入れれば、味がまた変わる。

こちらも美味い!

この日は、WebSig24/7つながりのメンバーで鍋をつつき、語らい合いました。

今回はWebSig24/7つながりで坂西さん、足立さんも。

今回はWebSig24/7つながりで坂西さん、足立さんも。

先ほどから、メンバー大崎の活躍っぷりを紹介していますが、実際、今回のオーダーはほぼ100%タイ語で。普通にすごかった。

店員さんとタイ語で話すメンバー大崎。このテーブルだけ本当にタイにいるみたいだった!

店員さんとタイ語で話すメンバー大崎。このテーブルだけ本当にタイにいるみたいだった!

最後にオーダーしてくれたのは、〆の雑炊。これもタイ風……というわけではなく、これは和風でw

鍋の出汁スープに生卵ダレとライス。あ、ライスはジャスミンライスです。言わば、タイ日混合雑炊ですね。

こちらは〆の雑炊用の生卵。ゴマと刻みネギと一緒に。

こちらは〆の雑炊用の生卵。ゴマと刻みネギと一緒に。

ジャスミンライスと溶き卵でさっと煮て完成。

ジャスミンライスと溶き卵でさっと煮て完成。

唐辛子をかけて最後までエスニックな感じで〆ました。

そのままでも美味かったのですが、唐辛子をかけて最後まで辛さを堪能!

そのままでも美味かったのですが、唐辛子をかけて最後まで辛さを堪能!

東京都内で思いっきりタイの雰囲気を満喫できました。こういう体験もいいですね~

そうそう。タイ語で美味しいってなんていうか知ってますか?

アロイ!です。

これからも、アロイと言って、鍋、つつこ。

(文責・馮)

今回つついた鍋

種類: チムチュム
店名: ソムオー新大久保店(新大久保)
URL: http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13006857/

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です