[鍋Q・弐]第弐回鍋Q[食事編]下ごしらえから鍋づくりまで


さて火起こしが終わり、次は鍋の準備です。

今回は[食事編]と題して、具材の下ごしらえから調理までをお届けします。

鍋の下ごしらえ……とても重要な作業です

まずは買ってきた具材の下ごしらえをします。何と言っても主役の里芋。こちら全1.6kgを、みんなで洗って皮を向いて。

芋煮鍋の主役、里芋。皮むきが大変だった……

芋煮鍋の主役、里芋。皮むきが大変だった……

ピーラーで。

ピーラーで。

皮むきそのものも大変なのですが、それより何より、寒い中、冷たい水での泥洗いがきつかった(日菜子談)。

ダイコンや人参も。

ダイコンや人参も。

他にもダイコンや人参もざく切りして。女性陣が各々の料理の腕をふるってくれました。あと、一部男性陣もw

白菜を切ります。

白菜を切ります。

どんどん下ごしらえが完了。

どんどん下ごしらえが完了。

こうしてどんどん下ごしらえが完了していきます。

こんにゃくもたっぷり。食物繊維!

こんにゃくもたっぷり。食物繊維!

さて、具材を切り終えたところで、いよいよ煮込み!……その前に。

実はSkype経由で先に芋煮鍋を作っていた大崎情報により、「里芋はかなりアクが出る」と連絡がありました。ですから、まずはアク取りをしっかりと。

そうそう。里芋はアク抜きを。

そうそう。里芋はアク抜きを。

何度か水を入れ替えて。

何回か水を入れ替えて。

何回か水を入れ替えて。

この水入れ替え作業で落としてしまったら元も子もありませんw

「落とすなよ」というみんなのプレシャーを感じながらw

「落とすなよ」というみんなのプレシャーを感じながらw

そして無事、下ごしらえが完了です。

ということで無事下ごしらえ完了。僕はほとんど何もやってませんw

ということで無事下ごしらえ完了。僕はほとんど何もやってませんw

さぁ、いよいよ芋煮鍋をつくります。

山形風芋煮鍋:醤油と牛肉の優しいコラボレーション

まずはじめにつくったのは、醤油味、牛肉入りの山形風芋煮鍋です。

こちらの寸胴を使いました。

寸胴に水を入れ炊きます。こちらは山形風芋煮鍋。

寸胴に水を入れ炊きます。こちらは山形風芋煮鍋。

水を入れ、出汁をちょっと入れたら、決め手となるマルジュウの醤油をドバドバっと。なぜかみんなの注目を集めて照れました 🙂

マルジュウの醤油を。なぜか注目されたw

マルジュウの醤油を。なぜか注目されたw

さらに注目を集める。いやいや、失敗しないからw

ただ醤油を入れるだけでも一大イベント。それが芋煮会クオリティ。

ただ醤油を入れるだけでも一大イベント。それが芋煮会クオリティ。

そして、主役の登場。里芋を入れます。

そして、アク抜きした里芋。入れるよ!

そして、アク抜きした里芋。入れるよ!

じっくり煮込むことを確認して。

芋はじっくり煮込まないとね。

芋はじっくり煮込まないとね。

さらに野菜を追加し。

そして野菜を入れ。ごぼうも。

そして野菜を入れ。ごぼうも。

こんにゃくも。

さらにこんにゃくも。

さらにこんにゃくも。

かれこれ20分ぐらい煮込んだところで鍋を覗くと、すごい量のアクが。里芋以外の根菜からもタップリと出たようなので、丁寧にアク取りをして。

10数分煮込んだだけでこんなにアクが。里芋やごぼうから。

10数分煮込んだだけでこんなにアクが。里芋やごぼうから。

最後に牛肉を入れてひと煮立ちさせれば完成です。

ひと通り煮込んでアク取りをしたら、牛肉を投入。

ひと通り煮込んでアク取りをしたら、牛肉を投入。

肉も煮込み。

肉も煮込み。

だいぶ良い感じ。

良い感じになってきました。

良い感じになってきました。

そうそう、牛肉だけで終わりではなくて、黒い三連星(古)ならぬ、キノコ三連星を投入。しめじ、えのき、舞茸です。

最後にキノコ三連星。しめじ。

最後にキノコ3連棟。しめじ。

えのき。

えのき。

舞茸。

舞茸。

きのこを湯通しして、今度こそ完成しました。

さっと湯通しできたところで完成!

さっと湯通しできたところで完成!

どうですか?

美味そう!

美味そう!

実際に味わってみたところ、ホッとする、とても染みわたる優しい、そして美味しい鍋でした。

芋、熱々で美味かった!

芋、熱々で美味かった!

定番の形のつぎに、秘密兵器の「仙台麩」を投入。これでコクが出て、ネギでバランスを取りました。

さらに。仙台麩や葱を追加して、風味が増します。味の変化が楽しめるのも鍋の醍醐味。

さらに。仙台麩や葱を追加して、風味が増します。味の変化が楽しめるのも鍋の醍醐味。

宮城風芋煮鍋:味噌と豚肉で懐かしい味わい

次は宮城風芋煮鍋。こちらは、鉄鍋を使いました。

もうこちらは説明なく、写真でお楽しみください。

つづいて、残りの里芋を使って宮城風芋煮鍋を。

つづいて、残りの里芋を使って宮城風芋煮鍋を。

根菜をどーんと。

根菜をどーんと。

こんにゃくに油揚げ。

こんにゃくに油揚げ。

白菜。

白菜。

ごぼう。

ごぼう。

ここから先が、宮城風。豚肉を用意。

宮城風は豚肉です。

宮城風は豚肉です。

落し蓋で野菜を煮込みます。

野菜を落し蓋で煮込ませて。

野菜を落し蓋で煮込ませて。

そして味噌。これが味の決め手です。

火が通ったところで味噌を。

火が通ったところで味噌を。

溶きます、溶きます。

溶きます、溶きます。

味噌を溶いて煮込まれてきたところに豚肉を投入。

豚肉を入れて煮込めば完成。こっちも美味そう!

豚肉を入れて煮込めば完成。こっちも美味そう!

山形風と違う色味が、また、食欲をそそります。

味噌と根菜の色味が鮮やか!

味噌と根菜の色味が鮮やか!

こちらも美味かった!味噌のコクに、里芋と豚肉、たっぷりの根菜でズシッとくる味でした。

仙台麩にハムに焼きマシュマロ~サイドメニューも楽しんだ!

その他、サイドメニューも堪能しました。

とくにこちら。宮城県出身の平間さんお手製の、仙台麩の玉子とじ。

平間さんオリジナル、仙台麩でサイドメニューを。

平間さんオリジナル、仙台麩でサイドメニューを。

醤油と味醂で煮込み。

醤油と味醂で煮込み。

玉子とじにして完成。美味かった!

玉子とじにして完成。美味かった!

玉子の味と醤油の味、さらに仙台麩の食感が最高です。ご飯にかけかかったw

他にもハムステーキ。

他にもハムステーキ。

ほかにもハムステーキを焼いたり、マシュマロを焼いたりと。芋煮鍋以外にも満喫しました。

焼きマシュマロで箸休め。

焼きマシュマロで箸休め。

〆は山形風芋煮鍋のだしを使った和風カレーうどん

さていよいよ締め括りです。実はもうかなり満腹ではあったのですが、事前に山形風芋煮鍋の出汁で作るカレーうどんが絶品との情報を得ていたので、そちらを楽しむことにしました。

まずは、寸胴で作った山形風いもに鍋の出汁スープを鉄鍋に移し替えます。

最後の〆はカレーうどん!まず、鉄鍋に山形風の出汁スープを移し替えて。

最後の〆はカレーうどん!まず、鉄鍋に山形風の醤油だしを移し替えて。

そしてカレールーを入れて。

カレールーを投入し。

カレールーを投入し。

そして、こちらには鶏肉を入れてみました。牛、豚、鶏を制覇です。

鶏肉を入れて。

鶏肉を入れて。

じっくり煮込んで。

煮込みます。

煮込みます。

うどんを投入!

最後にうどんを投入!

最後にうどんを投入!

焦げ付かないように煮込んだら完成です。

焦げ付かないように混ぜながら。

焦げ付かないように混ぜながら。

完成!山形風芋煮鍋だしでつくった和風カレーうどん! 懐かしい味で温まりました :-)

完成!山形風芋煮鍋だしでつくった和風カレーうどん!
懐かしい味で温まりました 🙂

皆、満腹だったはずなのですが、カレーの美味しそうな匂いに誘われておかわりしていました。もちろん僕も。

なんというか、普通のカレーに比べて、どこか懐かしい、お蕎麦屋さんで食べられるような、そんなカレーうどんでした。最後の最後まで、満足できた芋煮鍋となりました。

さて、これで終わり!ではありません。

次回は、遠く離れた場所で行われた芋煮会&鍋会の模様をお届けします。お楽しみに。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です