[鍋、ぶらり。]第拾漆幕・前編:今年も行ったよ!ニッポン全国鍋グランプリ2018~雪舞う鍋日和に栄冠に輝いたのは?


今年も行ってきました、鍋好きたちの新年会、鍋の祭典、ニッポン全国鍋グランプリ2018。

ニッポン全国鍋グランプリ2018
http://wako-sci.or.jp/nabe

今年は1月27、28日の2日間、恒例の和光市にて開催されました。しかも今年は寒波の影響もあり、かなりの冷え込み。僕たちが訪れた1月28日も朝の気温が2度。その後の予想も4度と、メッチャ寒い。しかも途中、粉雪がちらつくなど、絶好の鍋日和でもありました。

そんな中、僕たちは今年も3人でたくさんつつきました。その数全部で17鍋(今年は全部バラバラの17種類!)。

全部で17鍋!(このときはまだ15鍋。最後に2鍋追加しました)

雪がちらつく中、屋外の鍋パーティー。最高だね。

詳細は後編にお伝えするとして、今回は、今年の結果を中心にお届けします!

金の鍋賞は「本場和歌山県日高町の天然クエ鍋」(和歌山県・日高町)

結果発表は、主催都市の和光市Twitterアカウントから。

和歌山県日高町の「本場和歌山県日高町の天然クエ鍋」が金の鍋賞を受賞しました!今回初受賞とのこと。おめでとうございます!!!

屋台にはすごく長い行列ができていて僕たちも気にはなっていたのですが……寒空に並ぶ勇気がなくつつかなかった。うーん、残念w

2年連続銀の鍋の和光市・牛すじシチューほか、魅力的な鍋たちが各賞を受賞!

その他、銀の鍋賞以下は次のとおりです。

銀の鍋賞 牛すじシチュー(埼玉県和光市)
銅の鍋賞 名取せり鍋(宮城県名取市)
優秀賞 つがるにんにく塩こうじ鍋(青森県つがる市)
優秀賞 東金家康鷹狩り鍋(千葉県東金市)
優秀賞 北海道産サケ・いくらの海鮮「石狩鍋」(北海道石狩市)
審査員特別賞 佐渡國南蛮海老汁 焼き海老乗せ(新潟県佐渡市)
審査員特別賞 三陸石巻ホタテ鍋(宮城県石巻市)
和光市長賞 和光愛たっぷり ポテとま鍋(埼玉県和光市)
キリン一番搾り賞 富山のかにみそ焼かにカニ鍋(富山県滑川市)
ヨシケイ賞 各務原キムチ鍋(岐阜県各務原市)
ヤマキ賞 津山旨みたっぷり牛そずり鍋(岡山県津山市)
浦和レッズ賞 和光愛たっぷり ポテとま鍋(埼玉県和光市)

 
その他、最終結果はこちらに発表されています。

ニッポン全国鍋グランプリ2018結果発表
http://wako-sci.or.jp/nabe/result2018
 

僕たちのイチオシは、「とろーり鹿追牛好きリゾート鍋」(北海道・鹿追市)

ちなみに僕たちのイチオシはこちら。

とろーり鹿追牛好きリゾート鍋。これ、下にご飯が入っていてリゾットなんです。

北海道鹿追市からの参戦、鹿肉・牛肉が入った洋風の鍋(リゾット?)です。これが美味い。一番最初に選んだんですが、暖かさ・腹持ちの良さ含め、一番でした!

投票所ではもちろん。

投票箱。

全チケットを投票。

17枚を。

本当にメッチャうまかったんだけど、順位は何位だったんだろう(公開されたらあとで追記します)

(追記):その後発表された最終順位では7位でした!あとちょっとで入賞だった!

屋外に出揃った全62種類の鍋たち

他にもいろいろと。こんな素敵な景色が見られて寒さも吹っ飛びました!(いや吹っ飛ばなかったw)

大鍋はニッポン全国鍋グランプリの醍醐味の1つ。

山形芋煮。湯気がまた最高。

宮城県石巻から攻めてきた帆立タチ!
三陸石巻ホタテ鍋、インスタ映えだね 🙂

こんな感じでつつきました 🙂

来年の開催は兵庫・姫路?!

以上、ニッポン全国鍋グランプリ2018の速報レポートでした。いかがでしたか? 今年も満足満足。来年も楽しみだ!……

あれ? なんとこんな気になるツイートが。審査員を務められた料理研究家安井レイコさんのツイートから。

来年の開催は、なんと関西?!兵庫・姫路?!これはもしかして関西遠征の流れかな?

後編では、僕たちがつついた鍋17種類の様子をお届けします。

(文責・馮)


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です