[瓦版・参拾壱]菌活の次は温活? 渋谷のあくとり代官鍋之進で夏鍋スタート


婚活・恋活・朝活・終活……

ここ数年で登場した「○○活」という言葉。巷ではいろんな活動が流行っていますね。

鍋の世界では「菌活」の登場が記憶に新しいところ。

ちなみに鍋、つつこ。でも、もちろん菌活活動をしていますよ。

そんな「菌活」が流行った鍋の世界で新しく提唱されたのが「温活」。

仕掛け人は東京・渋谷でさまざまな種類の鍋を提供している「あくとり代官 鍋之進」さんです。

ちなみに鍋、つつこ。でもこちらの店に訪問しています。

暑い夏にあえての熱いもの

さてこの温活ですが、お店の運営会社であるダイヤモンドダイニングさんからリリースが出ています。

http://prtimes.jp/i/7303/371/resize/d7303-371-931201-1.jpg

http://prtimes.jp/i/7303/371/resize/d7303-371-931201-1.jpg

鍋専門店『あくとり代官 鍋之進』にて7月1日(金)よりご提供スタート!
http://www.diamond-dining.jp/news/nabenoshin_nastunabe20160701/

これによると今回提供される夏鍋は

  • 茨城県産美明豚の塩レモンしゃぶしゃぶ(1人前1,480円)
  • 国産牛の黒もつ鍋(1人前1,480円)
  • 霜降り牛と美明豚の二色オイルしゃぶしゃぶ(1人前2,680円)
  • 四種のきのこと醤油麹の薬膳火鍋(1人前1,580円)
  • 霜降り牛のトリュフすき焼き(1人前2,680円)

の5種類で、いずれも2人前からのオーダーとのこと。

暑い夏にはついつい冷たい飲み物や食べ物を摂りたくなってしまいますが、実は夏バテを防ぐには冷たいものよりも熱いものが良いとされているそう。

お隣韓国には「以熱治熱(イヨルチヨル)」という言葉もあるそうで、夏の暑さは熱いもので克服しようという風習が韓国にはあるそうです。

 

今日から始まる「あくとり代官 鍋之進」の温活鍋。これをつついて、夏バテ知らずでこの夏を乗り切りたいですね。

(文責・大崎)


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です