[鍋考・参拾]出会いと別れの季節。鍋、つつこ。的おすすめ宴会鍋


春は出会いと別れの季節。街なかを歩く袴姿の大学生を見ると、ああもうこんな季節だなあ……と感じます。

そしてその出会いと別れにつきものなのが宴会。

この時期の幹事さんは数ある宴会幹事の中でも相当に大変な役割だと思います。

宴会ピークでそもそも予約が取りづらい、人数の把握や予算の管理、そして当日の仕切りなどなど。いやあ、ほんと幹事やりたくない(笑)

よしんば無事に当日を迎えたとしても。

懐かしい想い出を肴に気心知れた仲間達と盛り上がることができる「送り系」宴会とちがい、初対面の人が多い「親睦系」の宴会は当日の盛り上げも大変です。

そんな困難な状況を跳ね返すには、やはり鍋!

「同じ釜の飯を食う」の慣用詞にもあるように、鍋を囲んでつつくという行為は人と人とのコミュニケーションにおける壁を低くします(注:鍋、つつこ。的見解です)。

悪代官や箸の使い方など、宴会における鍋は若干ネガティブな印象も持たれているようですが、それは気をつけるということで。

好みのバラツキが少ない鍋を選択すれば、無難に幹事職をまっとうできること請け合いです(注:鍋、つつこ。的見解です)

とはいえ。逆にインパクトのある鍋を選択すれば、鍋の話題で一気に親密度があがるかもしれませんね。

今回はそんな鍋たちをいくつか紹介したいと思います。

※なお、メニューが終了している可能性もあるため、必ずご自身でお店にご確認くださいね。

トルネード鍋

どどどん!

どどどん!

傾きつつも存在を誇示する肉

傾きつつも存在を誇示する肉

あの有名なピサの斜塔(Google画像検索)にそっくり

あの有名なピサの斜塔(Google画像検索)にそっくり

[コソ鍋・佰陸拾弐]竜巻? 斜塔? 年の瀬に話題のトルネード鍋をつつく。

運ばれてくるなり、歓声があがること間違いなしのこのインパクト。

ピサの斜塔になぞらえて、どさくさに紛れて「ピザって10回言って」などの化石モノのゲームも自然にできるかもしれません。

種類: 肉肉肉×29盛り鍋
店名: 九州黒太鼓 池袋店(東京・池袋)
URL: http://kyushukurodaiko-ikebukuro.com

 

夕日鍋

鍋が出てきた段階では、どこが夕日なのか分からない。

積み上がる具材

野菜の輪ができました。この下には茜色のスープが眠っています。

野菜の輪ができました。この下には茜色のスープが眠っています。

鍋いっぱいのスープ。最初の姿からは想像つかない

鍋いっぱいのスープ。最初の姿からは想像つかない。まさに夕日を思い浮かばせるオレンジと丸。山頂から見渡す夕日のよう。

[第参鍋]夕日鍋から考えるコミュニティ〜余力のものほど本気でやるから面白い

こちらもタワー系。

最後のスープまで美味しくいただける絶品の鍋。焼肉屋さんなので焼肉も食べられます。

種類: 夕日鍋
店名: 夕日鍋と焼肉のお店 うえだ
URL: http://yuuhinabe.com/

 

ボブさんのウエスタン鍋・ふんどし担ぎ鍋

ボブさんのウエスタン鍋

トマトがゴロゴロしてる

トマトがゴロゴロしてる

スープの下には大きな鶏がいます

スープの下には大きな鶏がいます

ふんどし担ぎ鍋

ふんどしかつぎ鍋は、正統派の鍋か

ふんどしかつぎ鍋は、正統派の鍋か

[第伍鍋]鍋か否かの境目はどこにある?―ボブさんのウエスタン鍋―

思わずツッコミたくなる愉快なネーミング。

頼んでから鍋がくるまで「どんな鍋なんだろう?」「ボブって誰さ?」「どこがどうふんどしなの?」など、鍋の名前で盛り上がること間違い無し!

種類: ボブさんのウエスタン鍋、ふんどし担ぎ鍋
店名: ゆるり屋 渋谷道玄坂店
URL: http://kiwa-group.co.jp/shop/1339207175

 

ちゃんこ鍋

砂かぶり席の宴会。

砂かぶり席の宴会。

この店自慢のTHE両国スタイル。ちゃんこ鍋。

この店自慢のTHE両国スタイル。ちゃんこ鍋。

[コソ鍋・佰伍拾捌]相撲・土俵・鍋〜満員御礼!両国には日本文化をめいっぱい楽しめる場所がある

定番かついろんな具材を使うちゃんこ鍋は、多人数の宴会に最適。

相撲イベントもあるので、こちらも盛り上がりそう。酔っぱらってお相撲さんに勝負を挑まないように。

種類: ちゃんこ鍋
店名: 大江戸八百八町 花の舞 両国国技館前店(東京・両国)
URL: http://r.gnavi.co.jp/g863263/

 

ほか食べ放題系

鍋と比較してこのサイズ

鍋と比較してこのサイズ

周りに野菜を載せるのだが、不器用で下にこぼしてしまう

周りに野菜を載せるのだが、不器用で下にこぼしてしまう

[コソ鍋:佰拾壱]食べ放題は是か否か?〜止まらないやめられないラムしゃぶをつつきながら考えた

[コソ鍋・佰弐拾捌]鍋論争ふたたび。ジンギスカンは鍋なのか?

男連中が集まってガツンといきたい・ニオイも気にならないならジンギスカンもいいですね。食べ放題・飲み放題のお店を選べば気兼ねなく楽しめます。

ちなみにしゃぶしゃぶ系は具材の取り分(?)に遠慮がありそうで宴会には向かないかもしれないですね。

最後に残っただれも手をつけない最後の一切れは「遠慮の塊」というそうです(笑)

種類: ラムしゃぶ
店名: ラムしゃぶ 金の目 銀座本店
URL: http://r.gnavi.co.jp/g692400/

 

種類: ジンギスカン
店名: ジンギスカン だるま
URL: http://www.jingisukan-daruma.com

 

気になった鍋はありましたか? なにをつつくにしても、鍋を囲んだ語らいは楽しいものなのでおすすめです!

 

仲間と楽しく、鍋、つつこ。

(文責・大崎)


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です