[鍋考・弐拾弐]芋煮会天気情報から感じる山形新聞の地元愛・芋煮愛


秋ですね。

これからは行楽にぴったりの季節になってきました。鍋の行楽の一つと言えば「芋煮会」が有名です。

芋煮会とは以下のようなもの。

芋煮会(いもにかい)とは、日本の主に東北地方で行われる季節行事で、秋に河川敷などの野外にグループで集まり、サトイモを使った鍋料理などを作って食べる行事である。(Wikipediaより)

このように、東北地方で楽しまれている、伝統的な行事。

名称がつくくらいの行事でもあり、東北出身・在住の皆さんにしてみればあたりまえのことなのかもしれません。かくいう自分はというと、昨年の春、山形の東北六魂祭で初めて芋煮を食べ、その旨さ、魅力にハマりました。

[コソ鍋・参拾捌]山形の味・郷土の味、芋煮鍋
[コソ鍋・参拾玖]東北六魂祭で体感した郷土の魅力~3メートルを超す大鍋でつくった芋煮鍋

山形だけではなく、宮城の芋煮も体験。

[コソ鍋・捌拾弐]火起こしから煮込みまで~自分でつくって初めて食べた宮城の芋煮鍋

さらにさらに。この体験をみんなに伝えようと、鍋Qでも実施するなど、僕たち鍋、つつこ。にとっても芋煮はとても大好きな鍋の一つ。

[鍋Q・弐:芋煮鍋]山形風に宮城風!寒空の中、みんなで芋煮鍋をつついたよ!レポート

ですから、「芋煮」というキーワードにはこれまで以上に敏感に反応してしまうのです。そんなときに目にしたのがこちらのニュース。

山形名物を6mの大鍋でつくり上げる、「日本一の芋煮会フェスティバル」開催!
http://www.asoview.com/article/area/are0060200/3395/

6メートルを超える大鍋で日本一のサイズの芋煮をつくるというイベント。今回で27回目を迎えるそうで、今年は9月20日に開催とのこと。これは楽しそう!そして美味しそう!

そうそう、昨年の東北六魂祭では3メートルの鍋でつくった芋煮をいただきました 🙂

でかい。

3メートル大鍋。本当にでかい!

鍋をバックに

3メートル鍋をバックに、芋煮一人前。

芋煮会日和がバッチリわかる!

そんなこんなで芋煮のことをネットサーフィンしながら見つけたのが、こちらの山形新聞さんのサイト(スマホ向け)。

週末・県内芋煮会天気情報
http://smart.yamagata-np.jp/season_info/imoni/

なんと天気予報ならぬ、芋煮会予報を提供してくれるというもの。

芋煮会天気情報

しかもご覧のように、天気予報ではお日様や傘マークで記しているものを、鍋の顔マークで表しているという、シャレのきいた予報です。ちなみに2015年9月10日13:30現在の予報ではこの週末は芋煮会日和とのこと。山形にお住まいの皆さん、いかがですか?

山形新聞さんの、地元愛、芋煮愛がビンビンと伝わってくる情報ですね。

こういうの、いいなぁ。

そして僕たちも芋煮会を開催して、みんなでおいしく楽しく、芋煮をつつこ。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です