[鍋考・参]鍋奉行犯科帳を読んでみた


馮です。こんばんは。

もう8月になりますね!

鍋、つつこ。的には暑いときの鍋を調べつつ、周辺領域も調べています。

今回は「鍋」をキーワードにした書籍のお話しです。

鍋で検索

まずはAmazonで「鍋」をキーワードに本で探してみるとこんな感じ。

鍋で検索

鍋で検索。

やくざとかはさておきw、基本的にはレシピ的なモノが出てきます。

それではつまらないので、Kindle(電子書籍)かつ「日本の小説・文芸」という条件に絞って出てきたのがこの本です。

鍋奉行犯科帳
鍋奉行犯科帳

ということで今回はこの本の書評を。

食文化を追求する

この本では、鍋がメインではなくて、主人公の名前が「大邉久右衛門」、あだ名が「大鍋食う衛門」ということで鍋とつながります。

鍋を含めた食を軸にした構成がこの本の見どころです。読んでると、ますます美味しいモノが食べたくなります 🙂

その中でも、とくに印象に残ったのが登場人物の一人、すゑの台詞。

ひとは毎日、美味しいものを食べて、寝て、明日からまたがんばろうて思いますのや。やすうても美味しいものはなんぼでもおます。

いやー、まさにその通り。食が満たされたら日々がんばろうって思います。

それと、文字だけで食という感覚を表現できるのはすごいですね。僕たちもこのブログでそうなれるように頑張ります!

ちなみに、この本はナツイチ2014にも選定されている本なので、読書好きの方はぜひ!

http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/top.html

鍋奉行犯科帳

(文責・馮)


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です