[コソ鍋・参拾漆]カオサンで魚の形の鍋を見つけた


こんにちは、バンコク出張中の大崎です。(※本記事はバンコク滞在時に書いたものです。公開日現在は日本に戻って来ています)
休日にも関わらず仕事で煮詰まってしまったので気分転換も兼ねて食事に出たカオサン。そこで魚の形をした鍋を使ったタイ東北地方料理のプラーヌンマナオ(蒸し魚のレモンソース和え)を食べたのでご紹介。

いざカオサンへ

ぼくが滞在しているのはバンコクの中心からちょっと外れたBTSサパーンタークシン駅のそば。

カオサンへはそのサパーンタークシン駅近くのサートーン発着場からチャオプラヤーエクスプレス(船)でチャオプラヤ川を北に上っていくのが便利なので、早速発着場へ。

チケット売り場で、カオサン最寄りのNo.13:Phra Arthit(プラアーティット)までのチケットを買います。ちょっと待つと船が来たので乗り込みます。この日はあいにくの曇天でしたが、川をスイスイ上っていく船に乗ると、ちょっと曇りがちだった気分もだんだんと晴れていきます。

定刻をちょっと過ぎていざ出発

定刻をちょっと過ぎていざ出発。正面に見えている塔はワット・アルン

船の中には路線図的なものが。各駅(?)と急行と特急がある

船の中には路線図的なものが。各駅(?)と急行と特急など、いくつか違いがある

No.13のPhra Arthit(プラアティット)で下船

No.13のPhra Arthit(プラアーティット)で下船

Phra Arthit(プラアーティット)で降りて数分歩くと、目的地のカオサンにたどり着きます。このあたりはたくさん情報があるので、観光情報などをあたってもらうと良いと思います。

降りたらとりあえずまっすぐに

降りたらとりあえずまっすぐに

プラアーティットを降りて土産物屋の路地を抜けていくと一般道にでます

プラアーティットを降りて土産物屋の路地を抜けていくと一般道にでます

夜は人の多いカオサンですが、この日は昼。開いているお店もまばらで、人通りも少ないです。路地を歩きつつ、目的の店へ向かいます。

人通りまばらな昼間のカオサン

人通りまばらな昼間のカオサン

今回のお店はカオサンの北側のランブットリーの通り沿い

今回のお店は裏カオサンとも呼ばれるカオサンの北側のランブットリー通り沿い

到着。お腹がすいているのでいろいろ注文

ということでお店に到着。道路に面した開放的なレイアウトのMy Darlingが今回のお店です。

My Darling の看板。開放的なお店です

My Darling の看板。開放的なお店です

熱いなか移動してきたのでまずは定番のシンハーを注文。あっさりしたビールなので、あっという間に1本2本、、、と空いていきます。

実はチャーンやリオなど別の銘柄も好きなんですが

実はチャーンやリオなど別の銘柄も好きなんですが

春巻き

春巻き

ソムタム。立地的に西洋人が多いせいか、全く辛くなく。店員さんに唐辛子を出してもらってちょうどよい辛さに

ソムタム。立地的に西洋人が多いせいか、全く辛くなく。店員さんに唐辛子を出してもらってちょうどよい辛さに

パックブーンファイデーン。こちらも辛くなかったので、唐辛子を投入

パックブーンファイデーン。こちらも辛くなかったので、唐辛子を投入

真打ちプラーヌンマナオの登場

前置きがとても長くなりました。真打ちプラーヌンマナオの登場。これはメニューにも調理時間がかかる旨の注意書きがある、大物(?)料理。先に頼んだ料理を食べつつしばらく待ったところで満を持して登場です。

魚の形の鍋がかわいい

魚の形の鍋がかわいい

プラーマナオは蒸したプラー(魚)+ヌン(蒸す)+マナオ(タイの柑橘)の言葉から成るタイ東北地方イサーンの料理で、白身魚を蒸したものをレモン系ソースで仕上げたもの。

このお店では上の写真のような魚型の鍋(過去の鍋ぶらりでメンバーの馮が注目したヒラメ鍋とも似てますね)が下から火をかけるものの上に載って出てきます。正確にはいわゆる鍋料理ではないですが、広義には鍋と言えなくもないのと、単に自分が気に入ったと言う理由で「鍋、つつこ。」で紹介と相成りました。

それはさておき料理の話ですが、形からして凄いインパクト。盛りつけも美しく、食べるのが楽しみ。しばらく火にかけて、煮えてくるのを待ちます。

わりと大きな鍋なので、煮えてくるのに時間がかかる

鍋の形、丸ごと一匹の魚、赤、白、緑と色とりどりで目も楽しませてくれます

30cm超のわりと大きな鍋なので煮えてくるのに時間がかかります

30cm超のわりと大きな鍋なので煮えてくるのに時間がかかります

上に載っかっていた香草類をスープに浸して火を通す

上に載っかっていた香草類をスープに浸して火を通す

良い感じにできあがったのでいただきます!

良い感じにできあがった

柑橘が効いたさっぱり味

オーダーして、テーブルに置かれ、火をかけて、、、とすでに30分ほど。やっとできあがったプラーヌンマナオをいただきます!

料理の名前の通り、マナオの酸っぱさが白身魚ととても相性がよく、さっぱりと食べられます。

「さっぱり」というと「あっさり」に近い印象も与えてしまいますが、タイの香草類もふんだんに使われているそのスープは、あっさりというよりは「しゃっきり!」「スッキリ!」といった感じの味です(わかりにくいかな)。

暑さでバテがちな体から疲れが抜けて体の内側から活力が湧いてくるような、そんな味です。

魚型の鍋から取り分ける

魚型の鍋から取り分ける

さっぱり・スッキリスープに白身魚の組み合わせが絶品

さっぱり・スッキリスープに白身魚の組み合わせが絶品!

スープだけ飲んでも十分楽しめます

スープだけ飲んでも十分楽しめます

アプラっぽさが皆無に近いので、どんどん箸が進みます

アプラっぽさが皆無に近いので、どんどん箸が進みます

あっという間に無くなっていく

あっという間に無くなっていく

 

あっという間に完食。美味しかった! 最後はタイのウィスキーで締めました。

タイウィスキーもおススメ

タイウィスキーもおススメ

番外編:お店には個性的な像がそこかしこに

さて、このお店(実はここだけではなく周りのお店も程度の違いはあれど同じような感じなのですが)、店内の至るところに謎の像達が。東洋的な像から西洋的な像、もはやなんだかわからない像まで、とにかく色々な像に囲まれたなかでの食事でした。

入り口にはモアイ的な像

入り口にはモアイ的な像

えびす様的な像

えびす様的な像

これはタイっぽい

これはタイっぽい

いきなりギリシャ的

いきなりギリシャ的

これまた西洋風

これまた西洋風、、、なのかな?

謎のカエル

謎のカエル

 

元々はちょっとした気晴らし的な散歩も兼ねての外出でしたが、美味しい料理ですっかり元気に。また仕事がんばろう!

常夏だけど、どんどん、鍋、つつこ。

(文責・大崎)

今回つついた鍋

種類: プラーマナオ
店名: My Darling
URL: facebookチェックイン情報


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です